スポンサーサイト 
-- -- --
-- --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ひとひら 第2話 『まがい……物?』 
2007 04 12
Thu 02:00:47
ひとひら 第2話 です。

主観的あらすじ

なりゆきで演劇研究会に入部してしまった麦は
ウジウジと後悔するが、佳代は応援するという。
演劇部には裏方の仕事もあるはずという
佳代のアドバイスで少し前向きになった麦は、
同じく研究会に入部したクラスメイト西田甲斐とともに
初練習に参加する。
そこで代表の野乃から他のメンバーが、代表の野乃と
甲斐の姉・西田理咲、桂木たかしの3人のみであり、
しかも「演劇部」と「演劇研究会」の2つの部が
存在することを知らされる。
「役者!? む、無理です…」


物語の印象点

・兆し

極度のあがり性の女の子。
どこにでもありそうな高校生らしい話。
そして、2つの演劇部の確執。
これといって特筆のないことが
ここまで物語を面白くしているのは、
この作品の持つ優しさなのかな・・・と感じますね^^

最初はその場しのぎで入部してしまったけれど、
本気の先輩たちの演劇にかける気持ちを知ってしまい、
戸惑いつつもその輪の中に溶け込み始めるヒロイン。
良い感じじゃないですか。
そして唐突なあだ名。
麦チョコにオリナルですかww
ホント、ありがちなローセンスのネーミング。
良い意味で、普通らしさを演出していて良いと思うのです。


そして演劇部の部長さん。
所々に見せる寂しそうな場面。
言葉とは裏腹に、野乃さんの何かを案じてもいるみたいですしね。
多分・・・野乃さんが演劇研究会を発足したのも・・
何かそのあたりに理由、ありそうですし。
次回も優しく気になりますね・・・。

スポンサーサイト

Re comments.

Comment form.

  管理者にだけ表示を許可する 
  注意 名前、タイトル、本文を入力する事で投稿可能になります。

Trackbacks.

ひとひら 第2幕 「まがい……もの?」 2007/04/12 07:08:31 ◇ ゼロから
今週も「ひとひら」を見ました。演劇部と思っていたら、演劇研究会に勧誘された麻井麦と西田甲斐。だから、「まがい……もの?」という、タイトルなんだ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。