スポンサーサイト 
-- -- --
-- --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この青空に約束を 第3話『六条宮穂(前編)』 
2007 04 19
Thu 04:25:54
この青空に約束を 第3話です^^

主観的あらすじ

つぐみ寮の大家、六条宮穂は
高見塚学園の理事長でもあった六条紀一郎の孫娘。
宮穂は文化祭の自由研究で、
自分の祖父である紀一郎の南栄生島での足跡をまとめようと、
航を連れて島を巡る。
ある日、宮穂は航と共に南栄生島の近くにある
無人島の泪島に渡るが、そこには・・・。

物語の印象点

・妄想の30分?

・・・だったような気がします(苦笑)
ぶっ飛び娘のエピソードのように見えますけれど、
本質はそこにはなさそうな感じで。

大切に思う場所って誰にでもあるじゃないですか。
で、それがふとしたことで変わってしまっていたり、
あるいは無くなってしまっていた時。
その思い出をもの凄く大切にしている人にとって、
思い出がなくなる、と言うのはすごく寂しいことですし、
また喪失感もあると思うのです。

その思い出を失わないこと、そのために何をするのか。
そこが彼女のエピソードの本質なのかな?と思ったりしてましたね・・・。

なくなった思い出をあきらめるのか。
それとも、最後まで諦めずに追い求めるのか。
思い出を別れに置き換えれば、比較的前話のヒロインにもあてはまりそうな
感じもしましたしね・・・。

次回はそのあたりをもう少し掘り下げてくれるのかな?と
ほんの少しの期待もしていたりww
スポンサーサイト

Re comments.

Comment form.

  管理者にだけ表示を許可する 
  注意 名前、タイトル、本文を入力する事で投稿可能になります。

Trackbacks.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。