スポンサーサイト 
-- -- --
-- --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ひとひら 第4話 『頑張ってる…?!」』 
2007 05 04
Fri 05:06:07
ひとひら 第4話です。

主観的あらすじ

初めてのテスト、得意科目までもが散々な成績だった麦。
同じ境遇の甲斐と互いに慰めあう。
二人は演劇研究会の練習にも身が入らずサボろうとするが、
野乃たちにまたまた強制連行される。
部活の後、対立する演劇部部長・榊美麗と
鉢合わせした野乃は、勢いに任せて麦が中間試験で
学内50番以内に入ると宣言してしまう。
ともかくも野乃の指導の元、勉強会を始める演劇研究会一同であったが、
いつの間にか部費献上の話まで持ち上がり…。
「50番以内!? む、無理です…」

物語の印象点

・実は暴走する先輩だった?

野乃さんの印象が思い切り変わりましたね^^
ここまでハジケル人だとは思いもよらず。
今回は30分をフルに使って、コメディ劇を披露(*^-^)♪
こうと決めたらどこまでも、自分の信念を曲げずに
頑張る先輩の姿。
別の視点から見ると、真摯な姿勢だからこそ、
それに共感する人もいたし、良い意味で影響を受け
段々とその良さを発揮する人も出てきた感じもしますね^^

しかし特技『ダーク顔』をお持ちとは思いませんでしたね・・・
野乃オルタとでも名付けますか?
某聖杯戦争のサーヴァントにちなんで(中の人つながりで)


麦チョコから、チロルチョコへ?

最初は人前であがってばかりで、
ほとんど言葉らしい言葉も出なかった
麦チョコ。
けれどお話も4話を過ぎ、
少しずつ自己主張も見え始めてきた彼女。
今回は部活をサボろうと、
不良になった自分を妄想するのですが
どうにも迫力に欠けた感じで^^
特攻服を着込んでいるのは良いとしても・・・
イマイチ迫力に欠けるのは、
キャラのせいなんですかね(苦笑)

でも、野乃さんとの触れ合い、部活との関わり方の中で
少しずつ、1歩ずつでも前に進んでいる感じがするのは
良い兆しかなとも思うのです。
いまはまだ1粒1円くらいの麦チョコかもですけれど、
いつかは1個20円のチロルチョコ、そして・・・
そんな風な成長物語をこれからも見ていたいですね。
スポンサーサイト

Re comments.

Comment form.

  管理者にだけ表示を許可する 
  注意 名前、タイトル、本文を入力する事で投稿可能になります。

Trackbacks.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。