スポンサーサイト 
-- -- --
-- --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
瀬戸の花嫁 第6話『お嬢さんお手やわらかに』 
2007 05 08
Tue 01:43:35
瀬戸の花嫁 第6話です^^

主観的あらすじ

燦ちゃんと永澄が一緒に住んでいることが巡にばれてしまった。
それだけでなく、燦ちゃんが人魚であることも
ばれそうになって焦る永澄。
燦ちゃんに何か秘密があるのではと思った巡と、
それを必死に護る永澄・・・。

物語の印象点

・こいつはすごいぜ!(某宇宙刑事の予告風に)

冒頭での永澄父の発言・・・今回は
メタルヒーローの元祖とも言うべき、あのお方をフィーチャー(苦笑)

コレが出てしまった以上、レビューに入る前に
少しだけ脱線をw

今の人たちには多分・・・分かる人いないと思うのですけれども、
自分にはちょっとした感慨もあって^^

若さ、若さってなんだ!?
振り向かないこと・さ^^

愛って、何だ!
た・め・らわなーいこーとーさー!!

ギ○バン!あばよ涙、ギャ○ン!ヨロシク勇気・・・♪
なんて、脳内変換が勝手に始まってしまいました^^;

当時の東映ヒーローって、実際にアクションもこなせる
俳優さんが主役、されてたんですよね(*^-^)♪

宇宙刑事ギャバンの主役の人はかつて・・・
人造人間『キカイダー』のスーツアクターにして
変身前と変身後を一人で演技できる
演技力を持った稀代のアクション俳優だったんですよ。

今の人であれば、映画『キルビルvol.1』に出演されていた人といえば
わかりますかね??
と言うことなのです。
また、後に映画『ロボコップ』に多大な影響を与えた作品としても
知られてますね。

さて、脱線オシマイ。

・おまわりさんよりも『ひ』まわりちゃんの方が可愛いかも。

永澄君の幼馴染、巡(まわり)ちゃん。
まわり、と言う名前とお父さんが警察の方と言うことから
『おまわりさん』なるあだ名を貰っている可愛い子。

私的には『ひまわり』ちゃんとか、花の名前のあだ名の方が
もっと可愛いかな・・なんてイランことを考えつつ視聴してました。

そして今回の瀬戸の花嫁。
その巡ちゃんのハッチャケぶりが開花した30分でした。
序盤は小さな頃から仲良しだった二人のエピソード。
晴れ着をきたちび巡ちゃんも可愛いですが、
カルタとりの一幕がもの凄かったですね・・・

まさに格闘カルタ(苦笑)
小さな身体で『永澄バリヤー!』とか、
キックが飛ぶわエルボーはかますわと
比較的ありそうな子供らしい一幕。

それから思い出の1枚。
『めざせ警視総監』ですか・・・・

いつかはお父さんみたいな警察官になる!
カルタを得意とする巡ちゃんの十八番。
そして仲良しさんとの思い出を大切に、今も何かあれば
永澄くんを助ける間柄。

イイコ、ですよね・・・ホント。

・ティウンティウン?

ヤキモチ、と言うにはちょっと違いそうな
そんな感覚。
今までは自分と永澄のコンビだったのに、
今は燦ちゃんが彼の隣に。

ほんの少しだけ違う、いつもの光景。
違和感、って簡単にまとめるのも難しいですし、
もどかしいとも違いますし。
胸につかえがあるような、そんな感覚。

それを感じ取った巡ちゃん。
自宅のホワイトボードでせっせと状況整理。

私⇔永澄くん
関係:幼馴染?

『?』が付くあたりに、年頃らしいオンナノコの
気持ちもあったりなかったり。
実際その辺複雑なんでしょうね・・・・多分。
正直恋心ともどっちとも付かないというか、
認めてしまうには、まだ気恥ずかしい年頃とも言うか。

しかも燦ちゃんと永澄くんの登校風景を目撃したものだから、
余計に彼女の暴走はヒートアップ!
加えて燦ちゃんの秘密がばれそうになってしまい、
彼女の好奇心?がむくむくと。
多分『得体の知れない子を永澄君に近づけられない!』なんて
正義心もあったんでしょうけれどね^^

奥義『取調室でカツどん』、これにはヤラレマシタ^^
と言うか、本当にカツどんって出されるんですかね??

最後には魚の天敵、『ネコ』を持ち出しての真偽判定。
これには燦ちゃんもピンチだったんですが、
『いまの日常を守ろうとしている永澄さんに応えんといかんき!』と
精一杯の我慢を。

さすがにやり過ぎでしたしね・・・巡ちゃんも。
もちろん永澄くんのお叱りもあって、シュンとしてしまって。
本当は、ねえ・・・(苦笑)
難しいですよね、この年頃は(遠い目)

汚れてしまった大人のワタシには、もうはるか遠いような・・・^^

最後なんですが、雨降って土固まるじゃないですけれど
無事に燦ちゃんの秘密も守られメデタシメデタシと。
サル君のフォローが真面目に光った回でしたしね^^

『実は巡は永澄のことがす・・ぐえorz』
なんてオチもついてましたしw

次回は燦ちゃんのヤキモチも見られそうですし、
苺の人が参戦しますしね(*^-^)♪

伊達にOP歌詞に『maiden』の6文字が踊っているわけではないとww
(Rozen maidenつながりですねww)


スポンサーサイト

Re comments.

Comment form.

  管理者にだけ表示を許可する 
  注意 名前、タイトル、本文を入力する事で投稿可能になります。

Trackbacks.

瀬戸の花嫁 第6話 2007/05/08 22:07:38 ◇ おちゃつのちょっとマイルドなblog
瀬戸の花嫁第6話、「お嬢さんお手やわらかに」。幼いころから永澄とはいいコンビだった巡。しかしいま永澄のそばに居るのは燦であり、そのことに嫉妬気味。水をかぶってしまった燦の下半身が人魚化してしまったのを目撃し
瀬戸の花嫁 第6話「お嬢さんお手やわらかに」 2007/05/09 22:45:39 ◇ 電撃JAP
博士「胸も柔らか(´Д`;)ハァハァ」助手「下品な台詞禁止!!」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。