スポンサーサイト 
-- -- --
-- --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ひとひら 第6話 『・・・変われますか?』 
2007 05 10
Thu 04:10:00
ひとひら 第6話です。

あらすじは後ほど。

物語の印象点

・伝心

かつて野乃先輩が美鈴さんから教えられたこと。

『一人じゃ出来ない事を教えてあげる』
かつての自分に新しい扉を開いてくれた同級生。

今度は自分がそれを、麦に伝えたい。
だけど、上手く伝えられない。
性分なのは分かっているけれど、どうしても・・・できない。

だからますます意地を張ってしまう。
不器用、なんですよね・・・。

本当に伝えたい事は別にあるはずなのに。
もちろん麦自身も、自分なりの答えを見つけようとしていて。

『チョイ役ぐらいなら、ワタシだって出来るのに・・モゴモゴ』
へえ、ちゃんと進歩してるじゃないですか。
少しずつ、前に前に。
図星を指されて泣いて飛び出したとは言え、先輩の言いたいことも
分かっているだけに。

これって、言葉じゃ上手く伝わらないんですよね・・・。
一時の冷却期間と、自分で『考えさせること』で初めて
乗り越えられる『壁』ですから。

野乃先輩は自分の気持ちを上手に伝えることが不器用で。
麦は自分の言いたい事を言葉に載せるのが不器用で。
似たもの同士、なんですね・・・・。

・裸の付き合い

『変われますか・・・私でも?』
悩んだすえ、演劇を続行する道を選んだ麦。
初めて自分から歩みだした道。

初めて部員として、皆が一つになった瞬間。

砂のお城は波が来れば崩れてしまうけれど、
しっかり湿らせて固めれば、そうそう容易には崩れない。

きっと野乃先輩にも、麦にも『湿らせて固める』と言う
ステップが必要だったのでしょう。

何よりも、互いを知るなら裸の付き合いが一番とは
男性の世界でも異性の世界でも同じな訳で。
お風呂に入って背中を流し合えば、互いのことも良く分かると^^
ありのままの自分を、隠さない自分を見せるからなのでしょうか。

ともあれ合宿で一つ自分の殻を破った麦。
次回からは再び学園に話を戻して本公演への物語と。

学園生活は変わらないけれど、自分はほんの少し変われた気がする。
今回も30分、良い物語を見せていただきました。
スポンサーサイト

Re comments.

Comment form.

  管理者にだけ表示を許可する 
  注意 名前、タイトル、本文を入力する事で投稿可能になります。

Trackbacks.

ひとひら 第6幕 「…変われますか?」 2007/06/02 12:53:57 ◇ ゼロから
相変わらず悩んでいる麻井麦。そして、一ノ瀬野乃と西田理咲は、戦闘状態。これでは、演劇研究会は空中分解です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。