スポンサーサイト 
-- -- --
-- --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ひとひら 第9話 『この日を忘れない・・・』 
2007 06 02
Sat 11:50:35
ひとひら 第9話です。

物語の印象点

・ひとひら

野乃先輩が誘った奇跡。
麦チョコの頑張り。
周囲の人の温かい支援。
それらが一つになって、今の舞台がある。
出来映えやその成果なんてどうだっていい。
こうして舞台に立てる、それが今・・・嬉しい。

野乃先輩にとってはそうでしょうし、
麦チョコにとっては、これが始まり。

舞台を継続するしないの話は今話の主眼ではないですし、
むしろこれからの麦チョコがどうしたいのか。
そこを述べていた30分でしたね・・・。

元々の演劇研究会発足のきっかけは些細なことで。
声のでなくなった野乃先輩を心配した桂木君が一声をかけたことが
その始まり。

『だったらさ、自分で作ってみれば?』

麦チョコにかけられた一言も同じ。
『貴女の知らない世界を見せてあげる』

何気ない一言が、相手の何かを揺さぶる瞬間。
それがあって今の同好会があると。

演劇部との勝負の結果は言うまでもなく同好会の敗北に終わったわけですが、
それはさしたる問題でもなく。

むしろ、麦の変化を喜び、本気で泣いてくれたお友達がいること。
それが一番の財産、と言えるのではないでしょうか。

次回はそんなお友達に訪れた一つの転機。
これも見逃せないですね・・・
スポンサーサイト

Re comments.

Comment form.

  管理者にだけ表示を許可する 
  注意 名前、タイトル、本文を入力する事で投稿可能になります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。