スポンサーサイト 
-- -- --
-- --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
瀬戸の花嫁 第16話『マイノリティ・リポート』 
2007 07 24
Tue 02:44:37
瀬戸の花嫁 第16話です。

主観的あらすじ

学校に転校生がやってきた。
クールな黒髪の女性でなぜか燦や留奈、海の行動をチェックしている。
じつは彼女も人魚で、人間界にとけ込んでいるか
審査しにやってきたのだ。

物語の印象点

・えーと貴女はどこのサムライガール!?

学び舎にはびこるエロ澄の敵を、闇に裁いて仕置きする・・・
訳はないですね、きっと(*^-^)アハハハハ!

むしろ処刑対象でしょうしね、永澄くんの場合は(苦笑)

そんな凛とした、あるいは必殺仕事人の雰囲気を漂わせる始まりから
今回の瀬戸の花嫁は始まってました。

・新キャラはいつも唐突に。
何の前フリもなく、転校生と言う名目で燦ちゃんのクラスにやって来た女の子・・・
その名も【真双津椿(まっぷたつつばき)】(from陰からマモル!)ではなく、
不知火さん。
傍らには・・・名刀「斬瀬羅満狗剣(ざんせらみつくけん)」
(from陰からマモル!)ではなく、ダンビラが。

キリリとした目でクラスメートを睥睨する面持ち・・いい感じですねと思いきや。
その目は燦ちゃんを鋭く捉え、そして・・・

『見た目は人間・・・φ(..)メモメモ』
な、何なんですかこの人(*^-^)♪
もしかしなくても人魚でしょうけれど、それにしてもいきなりそれはネエ・・・

で、美人と来ればヤツの出番。
そう、サル君の特殊能力が発動!!

『サルスカウター!』
pppppppp・・・顔立ち・・SSSクラス。
胸・・・特Aクラス。

思春期の中学生的美少女測定値・・・530000。
サル的美少女メーター・・・・メルトダウン!!
オイオイオイオイ!!
サル君を使ったオモシロネタ、色々視聴させてもらいましたが
今回はついに人間やめてしまってますし^^

そして転校生にもしっかり営業スマイルで売り込むルナちゃんも。
顔で笑ってお腹で・・・怖いです貴女は本当に(苦笑)

本当は良い子のはずなんですけどねぇ・・ルナさんも。

で、転校間もない彼女の為に教科書を貸してあげる燦ちゃんとルナ。
で、そこでケンカになりますか普通(爆笑)

燦ちゃんもしっかり永澄君の影響を受けたか、北斗の拳ばりに
顔変わってますし・・・・

『出したもん引っ込めるんは、漢の恥じゃき!』

いや燦ちゃんは『カワイイ天然の女の子』だったはずじゃないでしょうか?

それから永澄君も!
燦ちゃんと言うカワイイ彼女がいて、委員長とルナに惚れられて、
巡さんも憎からず思っているウハハな状況なのに、顔を変えてまで
さらに迫りますかこのエロ澄!

やはり東京湾に沈(チン)すべきでしたかね・・・13話あたりで^^

で、肝心の不知火さん・・・メモを取るのは良いですが
『超人強度』ってなんですかそれ!!

彼は普通の人間で某『キン肉バスター』や『マッスルドッキング』なんて
出来ないですから!!

実は不知火さんの目的は・・・・
『魚人族が人間社会にきちんと溶け込んでいるか』を調べる査察官だったのでした。

これには燦ちゃん呆然・・と言うよりもう・・・
見ているのが可哀相なぐらいガタブルしてしまって。
普段が天然なだけに、いつ秘密がばれて瀬戸内に強制送還とも限らないですしね・・

しかも不知火さん、念の入った事で、巻はフィギュアのケースに閉じ込めてますし^^
でも、販売したら売れそうですね・・・巻のお人形は。
黙っていれば、某性悪人形並みに可愛いですし。
※中の人ネタじゃないですよ♪

その後も体育の授業でも、理科の授業でも彼女の視線に怯えっぱなしで
どうにもこうにもいつも以上にカワイイ・・・と、もとい天然ぶりを見せてくれる燦ちゃん。
とは言え、真実を永澄君に打ち明ける訳にも行かないもどかしさ。

事情は知らずとも、燦ちゃんが困っている以上どうにか力になりたい永澄君。
ではあるのですが・・・。
こういうところが彼のいい所なんですよね、きっと。
人魚だ人だなんて関係無しに、ちゃんと相手の事を思いやれる所が。

・天然にも程度って・・・あるのかもしれません。アニメもリアルも^^

その後きちんと不知火さんの意図を汲み取り、
いつもどおりの自分でいようと決意した矢先!

燦ちゃん・・貴女って人はホントニモウ(大爆笑)

花瓶の水をこぼして大ピンチ招いてますしwww

ここで不知火さん、目にも止まらぬ早業で
クラスメートを峰打ちするは、海には目潰し食らわすわと
八面六臂の大活躍!

そして永澄君に燦の足を拭け!と言い残し、
自分は教室の入り口で丁々発止の大立ち回り!!

それもこれも秘密を守ってあげたいと言う思いやりから・・・

だったのに(大爆笑)

『不知火さん・・足、元に戻ったき(*^-^)♪』

そこでそうきますか(*^-^)アハハハハハ!!

コレには堪忍袋の緒もプチンヾ(`◇´)ノ彡☆!
校内でダンビラ振り回して『失格!!』の烙印を下そうとする不知火さん。

燦ちゃん、今度こそ凹んでしまって。
もの凄く落ち込んだ顔で永澄くんに・・・

『ウチと瀬戸内に住んでくれんか?』と泣きそうな顔でお願いを。
これにて瀬戸の花嫁埼玉編終了?と思いきや、実は違っていて。

ダンビラ振り回しての立ち回りの最中、不知火さんの刀は
最後まで燦ちゃんを捕らえる事がなかったんですよ。

なので判決はお預け。
代わりに・・・

来週から『瀬戸の不知火』を思わせるオープニングの口上、かっさらってますしw
もうドウスルンデスカまったく!!

笑いが止まらないじゃないですか!!
しかも来週の予告がまた、ツボにはまるタイトルだけに。

『県警対組織暴力』
バトルロワイヤルの深作欣二監督で1974作のヤクザ映画じゃないですか^^
どこまで映画ネタを追求するんですかね・・瀬戸の花嫁は♪

次回はタイトルから巡の主役の回でしょうし、久々に石の人の
活躍も楽しみになりそうですね・・・。

スポンサーサイト

Re comments.

Comment form.

  管理者にだけ表示を許可する 
  注意 名前、タイトル、本文を入力する事で投稿可能になります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。