スポンサーサイト 
-- -- --
-- --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゼロの使い魔~双月の騎士~4話です。

主観的あらすじ

魔法学院に突然現れたルイズの長姉エレオノールは、
強引にルイズを実家に連れ戻す。
なぜか、才人とシエスタも巻き込まれてお供をすることに…。
ルイズを実家で待っていたのは結婚の話だった。
女王のために軍隊に入隊を希望するルイズに
婚約を強制しようとする両親とエレオノール。
しかしルイズに密かな想い人がいることを
不思議な力で見透かした次姉カトレアは、
すねて隠れているルイズの居場所を才人にそっと教える。
才人は中庭に浮かんだ小船で
毛布に包まれてひとり泣いているルイズの姿を見つける…。

物語の印象点

・ゼロのスクールデイズ?

みたいな印象のある30分でした(*^-^)♪
ポイントは、10分に一回ですが、強烈なサービスカットとでも
言っておきましょう(苦笑)

さてそれじゃ始めますか・・
ルイズさんが、真のデレイズさんになるまでの頑張り物語を。

夜更けすぎ。
添い寝するサイト君とルイズさん。
思えば、ここからが始まりだったのでしょうね・・・

いつものように寝惚けてルイズさんの胸を『ぺた』と触れてしまう彼。

『ない・・・。・゚・(ノД`)・゚・。』と少し哀しそうな彼。
そりゃまあ・・ねえ・・・前か後ろか分からないよりは、
あったほうが良いのでしょうけれど(苦笑)

で、この後はいつものようにエロ犬だの何だのとお仕置きかな・・・と
思っていたら展開は恐ろしく変わってしまって。
なんとルイズさんのお姉さんがご登場!

これまたキッツイ性格に見える外見と、実際はルイズさん以上に
キッツイ性格の持ち主で。
問答無用でルイズに帰省を命じ、さらには道中の侍女も必要だからと
シエスタさんまで拉致してしまって。

貴族って勝手なのかな・・・とふとそんなことも感じつつ見てましたね^^
で、馬車の中サイト君とシエスタさんが寄り添う姿に
プンスカするルイズさん。

まあ、そうでしょうね・・・いい気分、するはずないですしそれに・・・

『いひゃ、いひゃい・・・』
傍らには、実家に戻って婿でも迎えろと
鬼気迫る表情で叱り付けるお姉さん。
ホッペも痛いけど、それ以上に・・・
サイトとあのメイドの親密さが心に痛い・・・って所ですか(苦笑)

・上がキツケレバ、真ん中は優しくなると言う法則w

貴族でも名家らしく、大きなお屋敷に到着した一行。
出迎えは、ピンクの髪が柔らかそうな
とてもやさしい二人目のお姉さん。
ルイズさんも、彼女にはもう素で甘えまくりで。
なるほど・・・と何故か納得しましたね^^

ツンケンするキッツイ性格は上のお姉さんから。
デレっとする優しい?性格は下のお姉さんからですかね(*^-^)♪

で、帰省してのお題は戦時中と言うこともあり
危険にさらすわけには行かないと、ルイズに縁談を勧めて
大人しくしてもらいたい、と言う親心ですか。
話は分かりますけれど、本人にも
『気持ち』と『思い人』ぐらいはいる訳ですしね・・・
それを無視したかのような決め付け具合はどうかとも思うのですよ。

そこを良く分かっていたのがちいネエ様!
ホントこの人、美味しい役割を持っていきますねw

とその前に・・・

17とは説明しなくてはなるまい!
某声優さんで永遠の17歳の通り名を持つ、
某お助け女神事務所の中の人で、ときメモonlyloveのアフロ女神の
人でもありますね・・・

これ、次女のちい姉様ではないそうです(*^-^)tahaha・・・
長女のキッツイお方が17の方だとか。

ご指摘ありがとうございます^^

・シエスタの決意

サイトがルイズを心から好きならば、身を引こうと思ったけれど。
でも・・・どこをどう眺めても、あの二人に進展はなかった。
だったら私にもチャンスはまだあるはず。

それに・・・ってちょw
自分のふくよかな胸を見て『女としても勝っている』って
あのねえ(苦笑)
別に胸の大きさで男は女を選ぶわけじゃないんですが(爆笑)

まあ、サイト君を攻略する上でアドバンテージにはなるんでしょうけれど。
女として対等なのだから、後は行動あるのみ!と
意気込んでサイトの部屋を訪れる彼女。

でも大体そういう時って・・・お目当ての人はいないばかりか、
トンデモナイハプニングがまっているんですよねw

その頃のルイズさんも、17に胸のうちを見透かされて赤面状態。
今回はルイズさんの年頃相応の顔をたくさん見せられてますね・・・
普段ツンケンしていても、本来はそれなりに恋もするし悩みもする年頃と。
かわいらしいじゃないですか。

そして背中を押される形でサイトの部屋を訪れ、もそもそと
布団にもぐりこんだその時!!

『・・・(^3^)ブチュウウウウ!!』
ああ、それが思い人からの気持ちのこもった暖かなキスであれば。
きっとどんなにか幸せなことだったのでしょう。
けれど、現実は時に残酷で(爆笑)

なんとシエスタはサイトだと思って、
逆にルイズさんはサイトからと思いこんでの
大ハプニング(*^-^)アハハハハハ!!

女同士のキスに動転するより先に、互いに何でサイトの部屋にいるのかを
問い詰め始めてますしww

しかしシエスタさん、恋する女は強かった・・・(驚)

『サイトさんに呼ばれたんです!!』とキッパリ出まかせを。
既成事実さえ作れば、お子様は身を引く・・・みたいな見方で
イイノカナ・・・多分(苦笑)

あーあ、サイト君・・・君がルイズさんを案じて屋敷をうろうろする間に、
とんでもない事態になってますよ(*^-^)♪

とは言えもちろんサイト君も災難に巻き込まれたわけで。
ルイズの縁談話について、きちんとした気持ちを聞こうと
部屋を訪ねた訳ですが・・訪問先を間違えなんと長姉の部屋に。
しかも寝惚けたお姉さんから熱い抱擁を受け、ついイケナイお手手がおいたを・・・

『ルイズとは違うな・・・("▽"*) デヘヘ』

・・・・前言撤回。
彼は処刑して問題ないでしょうw
お姉さんらしく両手にムチを持った愛のWお仕置きをくらい、
夜空に色魔犬の遠吠えが木霊するのでした・・・

・17話目で実ったホントウノキモチ。
1期から通算で数えれば、ちょうど今話は17話目。

ホントウノキモチと言う曲名が1期のENDでしたけれど、
ようやく二人の気持ち、通じ合いましたね・・・一応はw

翌日、家族から思い人のことを問い詰められすっかり拗ねてしまったルイズさん。
幼少の頃からの隠れ場所、中庭の小舟で一人イジイジと。

ここでも17、いい役割を果たしてますし。
サイトに妹のホントウノキモチを伝えて、迎えにいってあげなさいと。
ルイズさんも素敵ですが、17はそれ以上かもですね・・・
やるなベルダンディー・・・って、それは中の人つながりですかw

で、ボートでいじける彼女を見つけ、帰ろうと諭すサイト君。

『知らない!』とムクレル彼女。
だって・・・あのメイドのこと好きなんでしょう?

あれれ・・いつの間にかちゃんと男性としてみている訳ですか^^
犬とかナントカ言いつつも(*^-^)♪
それに虚無の魔法の事も認めてもらえないし・・・
認めてもらえないことを公私の両方で突きつけられて
余計に落ち込み具合にも拍車がかかったと。

それはツライですよね・・居場所を認めてもらえないのは。
で、サイト君が粋な一言を。

『俺が認めてやる!』
それにな、誰が好き好んでペッタンコのご主人の使い魔を
命がけでやるもんか!

『好きだからなんだよ!』
お前が好きなんだよ!とようやくハッキリと言葉にした彼。

虚無の魔法よりも多分、一番効果のある呪文。
幸せの魔法・・・ってことですよねきっと。

次第にポーッとなっていくルイズさんの顔が可愛いのはもちろんですが、
暴走したか、トンデモナイ一言を。

『ごごごごごっご・・・』
主人としてご、ご褒美ぐらい上げなくちゃね・・・
一箇所だけ好きなところを触って良いわよ・・

って、おいおいおい!!
一体ゼロの使い魔はいつからスクールデイズになったんですか(大爆笑)

で、後はこの手のお約束という事で、キスから始まる二人のベッドのストーリー・・・
だったら面白かったんですけどね。

そこは地上波ですから。
いい雰囲気を見事にぶち壊され、なかば連れ去る形で屋敷を後にした二人と。
で、何で逃走用の馬車にシエスタさんまで(苦笑)

この時予感しましたよ・・・

『三角関係どころか、四角五角関係までいくかもしれないな・・・』と。
だってシエスタさん・・・ポツリと。

『私、諦めませんから。女として勝ってるし』


ごごごごごっご・・・と、嵐の予感がw
スポンサーサイト

Re comments.

Comment form.

  管理者にだけ表示を許可する 
  注意 名前、タイトル、本文を入力する事で投稿可能になります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。