スポンサーサイト 
-- -- --
-- --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スクールデイズ第6話 『明かされた関係』 
2007 08 08
Wed 22:51:13
スクールデイズ第6話 です。

無駄に長いのは、多分仕様ですw

物語の印象点

・人間発電所?→出来ちゃった婚?→ヤ○セナイ女は嫌いだ→けどキープもしときたい
→一途な女は時に重荷→でもバレてしまって修羅場確定。

今回のレビューはかなり難しい部類かもですね・・・(苦笑)
ここまではリアルでもないでしょうけれど、誇張した部分を除けば
ワタシ自身の高校時代を思い返しても、彼らを怒れないですよ(苦笑)

そんな感じだったと、今なら客観的に見られますしね・・・

5話で成り行きのままに身体を重ねた誠と世界さん。
互いにステディな関係としてなら、それも幸せなことなんでしょうが・・・

実際は陰に隠れてのこと。
加えて、一度その味を知ってしまった年頃の子なら、
サカリが付いても別に不思議なことではない訳で(苦笑)

バイト先まで押しかけて熱い・・・と言うかもうデープなチュウを(爆笑)
『ダメ・・・ここじゃ("▽"*) 』って世界さんも
説得力ないですよ、そんなポーっとした顔じゃホントニモウ(苦笑)

『じゃ、(世界の)ウチで・・・』って
はいはい、誠君はもう周りが見えてないですから置いとくとして。

『また・・・”練習”なんでしょう・・・?』
ここ、かなり重いですよホント(ちょっと真面目)

普通に見れば、女の武器を使って男を横取り!と見るのが
ありがちなところでしょうけれど・・・。

ワタシ的にはまた別の見方もあって。
精神的なつながりから恋に入るって・・初恋か
大人になってからだと思うんですよね、実際。

この時期の子って・・・ある種の冒険心と言うか、
スイッチ入ったらもうイケイケ!みたいな部分、あるじゃないですか。
ブレーキの壊れたダンプのような。

で、女性の方が案外そのあたり分かっちゃってるんですよね・・・きっと。
この人は『体』が一番、心は2番。でも・・惚れちゃったんだから・・・
※あえて女性からの声なき反発を覚悟の上、こうした書きかたをしています。

・無知は罪である

その頃の言葉さん。
当然二人の関係に変化があったなど思うはずも無く。
通じない電話に少し寂しそうなところを見せつつも、
一生懸命大好きな彼の為にと両親直伝のレモネードを作ったり。
なんだか幸せ独り占め・・・って感じで微笑ましいんですけれど、
これも視聴者から見た場合、悲しいピエロにも見えるんですよね・・・


知らぬは本人ばかりなり、ですか。
それとない雰囲気の変化で感じ取れそうなものですけれどね・・・
リアルで言うなら、丸みを帯びてくるって言うんですかね・・・こういう場合。

で、人間発電機マコティーは何をしとるかというと。

バス待ちの間も我慢できずにチュッチュ三昧(しかも当社比4倍の濃さ)
マコティーは元気百倍、イケナイトコロも勇気万倍!って感じでしょうけれど
ワールドさん、そんな自分が凄く許せないみたいに見えましたね・・・
自分を好きだから、求めてくれるのはいい。
でも・・・やっていることはただの裏切りとオナジコト。

で、マコティーとりあえず若さの発散先が見つかれば
ガードの固い女はとりあえずランクダウンと(苦笑)
一生懸命ワードさんが話をしていると言うのに。

で、彼を許せない!と怒る人はいるのでしょうし
それがフツウの事なんでしょうね・・・多分。

でも・・・それってワタシから見ると。
エ○ゲーのヒロイン処女願望によく似てるんですよ、男性視点で言えば(苦笑)
リアルは求めない、と言うか設定にリアルさがあると嫌!と言うのも
あるのでしょうけれどね(さらに苦笑)

学校では誠君、全く空気読まない発言してますし。
で、世界さんが顔を赤らめるから刹那にバレテマスシ。

『言葉さんとは別れたのね』と聞かれ、とっさの嘘をつく世界さん。
けれど、それが良いきっかけにもなったのか・・・
(本当の恋人になりたい・・・)
なんて思ったのかも。

正直に言おうよ、私達のことと迫る世界さん。
が、こんな時男の子の考える事なんて・・・
ゲームもリアルも大差ないんですよ、実は(苦笑)
(お手軽ファーストフードも食べたいし、敷居の高そうな高級料理も捨てがたい)
今はどっちも食べたいアイマイミーでいたいのさ・・・ってとこですしね(爆笑)

『罪悪感あるよ・・・・』とつぶやく世界さんがとても辛そうでした。
たとえきっかけを自分から作ってしまい、結果そういう事になったとしても。
その結果を読めなかった、と言う意味合いで無知は罪・・・とも言えるのかもですね。

・手編み攻撃はもう化石だと思うのですが。

言葉さん、しきりに携帯を気にしていて。
実は彼女、せっかくだからと編み物をすることにしたようです。
目的はシンプル、手編みの贈り物をしたいから。

いいですね・・昭和の香りがプンプンするじゃないですか(*^-^)♪
でも・・・手編みのマフラー欲しい男性がいるのか?と言えば、
それって木陰から意中の異性を見つめる人と同じくらい古典的だと思うんですよねw

屋上で頂くレモネードの味も、誠君には重くそして・・
どこか苦味ばしった味ではないでしょうか。

故にお買い物のお誘いも・・・
『ゴメン、妹が来るんだ』とミエミエの嘘を。
そして傍らの世界さんにコンタクト。

(いいだろ、今日もドドドドッε=(。ノ・ω・)ノ 【愛】 )

どうなるんでしょうね・・・本当に。

・そしてもう一人の乙女が参戦。

翌日。

やはり冷たい誠君。
健気についていこうとする言葉さん。
その二人をやはり冷めた目で睨む乙女、一人。
言葉さん以上に、長い間彼を想っている女の子、乙女さん。
私にはこれ以上近づけないのに、あの女はあんなに彼にマトワリ付いて!

これ、男性的な女性心理の描きかたですね・・
世の中女性はそんなに甘くアリマセンし、もっとシビアです(爆笑)

結局言葉さんから届いたメールに従い、しぶしぶ一緒にご帰宅の彼。
帰宅途中でペア携帯のチラシに、思わず積極的に迫る言葉さん。

お揃いの携帯・・・もし良かったらプレゼントしますから・・
好きだから出来れば同じものを持っていたいと。
分かりますワカリマスその気持ち。

でも・・・それは転んで落とした毛糸のように重いんですよ、
ヤリタイさかりの男子諸君にとっては。

花より団子(女体)ってところでしょうしね。

そして彼はといえば今日も世界さんと猛ハッスル?

けれど誠君・・・君が正直になるたびに、
彼女はベッドの中で心の汗を流しているんだぜ。

・女として・・・彼女として。

さらに翌日。
文化祭の出し物を決める最中に、乙女からのきつい言葉をもらうワードさん。
発端は簡単な事。
火種はもとから燻っていたのですから、あとは簡単に火箸でかき回すだけ。

ついにキチンと自分の意思を告げた彼女。
『私は誠君の彼女です!彼から告白されました!』
貴女も彼を好きだから、そんな事を言うんですよね!

クラスメートの前で見事に面子を潰された乙女さん。
意趣返しが軍団使っての報復ですか・・・
うーん・・・怖い怖い(*^-^)タハハ・・・
ワタシも夜道、刺されないように注意しなくてはwww

で、その頃誠君はと言えば。
学校でもところ構わずですか君わぁ!!
世界さんの太腿をさすりつつ、空いたお手手は
言葉さんのメールを世界に転送と。

で、屋上でスイッチオン!!

だからそういうのは、理科準備室か部室、男子更衣室と
昔から相場決まってるんですけどね・・・・(苦笑)

その頃彼の姿を探し、校内を走る言葉さん。

屋上では誠君、スイッチ入れて暴走中。
なーにが、『今日は脱がさないから』ですかwwww
しっかり脱がしてるじゃないですか(大爆笑)

で、世界さんも心を決めたのかハッキリした意思表示を。
『私も誠が好き!』と。
そして熱いキスを交わす二人・・・
それをドア越しに見つめる2つの目・・・・

BGMのせいもありますが、かなり怖いです。
次回が恐ろしいですね・・・・ホント。
スポンサーサイト

Re comments.

Comment form.

  管理者にだけ表示を許可する 
  注意 名前、タイトル、本文を入力する事で投稿可能になります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。