スポンサーサイト 
-- -- --
-- --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スクールデイズ第7話 『前夜祭』 
2007 08 15
Wed 06:16:45
スクールデイズ第7話です。

予め断っておきますね。
出来るだけ物語の内容を損なわないように配慮するのが
ワタシのレビューの書きかたです(*^-^)♪
なので、今回はそれなりにヤンデレですw

物語の印象点

・ど・こ・が”innocent(無垢)な痛み”だっつーの
(*^-^)アハハハハ!!

マコティーの本音を代弁してオキマスカ(*^-^)♪

世界も言葉も両方手放したくないだけなのに・・
世界が怒って帰っちゃったよ。わけわかんないや( ゚д゚)ポカーン
あとでメールでもいれとくか、めんどくさいけどorz

まず物語始まっての冒頭(*^-^)♪

文化祭のテーマは『誠心誠意』

どこが誠心誠意なんだ、ん?マコティーwww
君の誠心誠意はオニャノコの”悩まし”ボデーじゃないのかね??

と、視聴しつつくだらないツッコミを(爆笑)

その彼は、屋上で世界さんに膝枕。

世界さんとしても、やっと意中の人が自分を振り向いてくれたことは
凄くうれしいわけですが、でも後ろめたさも拭えない訳で。

『本当に、いいの・・・』と煮え切らない一言を。
わかってはいても、確かめたくなるのが女の子ですしね・・・
言葉にしないと、伝わらない時だってありますし。

俺は世界と一緒がいいんだ、と言い切る誠君。
で、その直後にキスですかアナタハwwww

女の子、と言うより”悩ましボデー”があればそれで良いと。
まあ、そんなものでしょうしね(苦笑)

で、これを屋上の扉からそっと見つめる怖い視線。
言葉さんなんですよね・・・

この人も空気読めない人ですから(苦笑)
気持ちがワールドさんに傾いたことにどうしても・・・
気付きたくないのか、それとも気付かないのか。
悲しいですよね、女心って。

男心はもっとバカに出来てますけれど(*^-^)タハハ・・・

自宅で編み物に精を出しつつ・・・・
どうしてあんなことを・・・誠君、私のこと嫌いになっちゃったのかな。

彼の望むこと、してあげられなかったからかな・・・
いや、それは勘違いですから(*^-^)♪

あれは若さゆえの暴走ですし実際。
とは言えマコティー・・・彼のような存在がいるからこそ
ヤンデレデイズの魅力も光る訳ですしね、実際は。

いや、彼の場合はファーストフードが好きなだけですから・・・今は^^
飽きればワードさんの高級料理に食指が・・・多分(爆笑)

・届かない距離、周囲のおせっかい

7話まで視聴してますが・・・・
物語を動かしているのは、世界&言葉さんでなく
やっぱり周囲の人物なんですよね。

刹那であったり、光であったり、あるいは乙女さんであったり。
刹那は世界の為に、光は泰介の為に、乙女さんはマコティーの為に。
で、それぞれがそれぞれの為に動くものだから
余計に事態はこんがらがると。

文化祭の出し物を決めている中、実行委員の手が足りない事から
誠が借り出されて・・・
と言いつつ、彼気まずいんですよね実際。

実行委員には言葉さんもいるわけですし。
問題はそれよりも刹那の存在。

あからさまにクラスで『言葉とは別れた』『今は世界と付き合ってる』
ここまで言い切ってますしね・・・。
あれ?となると、どちらにせよ乙女さんピンチに変わりないじゃないですかww

付き合う相手が代わっただけで、マコティーは乙女さんのところには
やってこないことになりますしね(*^-^)♪

その頃の乙女さんはしっかりワードさんいじめをネチネチと。
好きな相手よりも、奪った相手を憎んでしまうのは、
悲しい話ですよね・・・実際。

その本人である言葉さんも、マコティーが冷たいことに
心を痛めている訳ですし。

トドメは刹那さんがキチンと刺してくれますし。
実行委員会でも『キッ!』ときっつい眼光で睨んでますし
おまけは・・・

言葉さんの帰りのお誘いを、見事に阻止する手際の良さ!
それでもメゲズにメールする、と言う言葉さんを完全に
阻止するべく、なんとマコティーの携帯をいじって
ワードさんは『着信拒否』にまでしてますし(大爆笑)

彼女のやった事は決して良くないことなんですけれど、
それも『セカイの為』ですか。
怖すぎて笑うよりも震えがwww

こうしたお節介キャラとヘタレ主人公がいるからこそ、
ヤンデレアニメの魅力も出てくるのかな・・・とそんな事を感じてました。

・どうやらよからぬたくらみも・・

乙女さん達の出し物は迷路。
で、奥にこっそり出来ているのは『休憩所』
しかも隠し撮りのカメラを仕込んでいる輩までいるみたいですし・・・
何かイヤーな予感がしたのは気のせいでしょうか(苦笑)
シーツに暴れても壊れない台とまで言ってますし・・・

何が起こるのかはおいおい分かって来るとして、
巻き込まれるのは乙女さんたちなのか、それともヒロインの方なのか。
そこを楽しみにするとしましょうか。

・壊れ始める心

その日の夜。
網目を間違えたと、毛糸をほどく言葉さん。
しかし、その瞳は少しずつ濁り始めていて・・・
少しずつ紡いできた関係が、解かれた糸の長さだけ
離れ始めていくのかな・・とそんな事を予感させる場面。

いよいよヤンデレの始まりなのだな・・・と確信しちゃいましたよ
この時。

そして翌日。
誠の携帯に電話をするワードさん。

『この電話はお客様の都合により・・・・』
酷い話ですよね、実際。
当の本人よりも、周囲が盛り上がって潰しにかかる典型ですか(苦笑)

屋上で一人、彼の事を信じ続けようとする言葉さんが
切なくも、そして滑稽にも見えるんですよ・・・どうしても。
曇り空がそのまま、言葉さんの内面を示してもいるような・・・

そして、雨に濡れた制服をそのままに
校内を歩く彼女。
どう考えても、この時点で普通じゃないですから本当に。

ってマコティー・・・君はそこでも

誠脳内「おー、透け透けだー、ワードGJ(*^-^)b」

って感じですしね(苦笑)
刹那がきちんと制止に入りますけれど、それも耳に入らず。
言葉さんの後を追いかけて・・・

用具室で泰介と道具を探す言葉さん。
それを廊下から覗くマコティー、さらには
光まで。

ここで泰介の洩らした一言が、二人の女性を傷つける事に。
『俺、プールの時から言葉さんのこといいなって・・・』

光『ガーン・・。・゚・(ノД`)・゚・。』

『誠とは別れたって聞いたし俺・・』

言葉『ぁqwsでrftgyふjこlp!!』

『別れてません!何でソンナコト言うんですか!!』
言葉さん大激怒!!

で、マコティーここでも事態を収拾せず(大爆笑)
(ヤンデレ的に)いいヤツだ君はwww
ホント、期待を裏切らない人ですよ彼は。

・彼を本当に大好きだから

その日の夜。

誠君の自室にいる世界さん。

『言葉さん追いかけたってホント?』と
寂しげに問いかける彼女。

放って置けなかったという彼。
まあそうでしょうね、彼の場合は。

で、言い訳大魔神と化した彼の元にさらなる修羅場!!

なんと言葉さん、自宅を調べ上げて押しかけ女房にwww

『学校じゃキチンとオハナシできなかったから・・』
怖いですよこれじゃこっちも(*^-^)アハハハハハ!!

お話できない、携帯もNGだからとストーキングですか!

でもマコティーの頭の中は多分・・・
誠脳内「あー、でも透けてないからなー今」
じゃ、適当にあしらうか。

って感じではなかったのでしょうか(苦笑)
そんなやりとりを壁越しに聞いて涙するワールドさん。
悲しいですよね、女としても・・・。
でも、惚れた弱みって言うんですかね、こういうのも。
それでも彼が大好きだから。

そんな彼だから、好きになってしまったから。
だからこそ・・・その彼を奪う相手が許せない!
多分・・・自分さえも。

後夜祭、一緒に踊って欲しいと伝える言葉さんに
曖昧な答えだけを返す彼。
それに憤る世界さんもまた、哀れでもあって。

彼の家を飛び出し、その先に待っていたのは・・・
やはり言葉さんでした。

『ずるいですよ・・・』
そして路上に乾いた音だけが響き渡り・・・

これで次回のタイトル、決まりましたね多分。

第8話「学祭」
第9話「血祭」

って感じですかwww
スポンサーサイト

Re comments.

Comment form.

  管理者にだけ表示を許可する 
  注意 名前、タイトル、本文を入力する事で投稿可能になります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。