スポンサーサイト 
-- -- --
-- --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゼロの使い魔~双月の騎士~7話です^^

主観的あらすじ

トリステイン連合軍とアルビオンとの戦況が激化を辿る中、
アニエスは前線に赴く前に、自らの忌まわしき過去
「ダングルテール事件」について調べるために
魔法学院の地下にあると言われる極秘公文書館の閲覧を申し出る。
しかし危険だという理由で
学院長に申し出を拒否されたアニエスは、
ルイズやエレオノールたちに
密かに入口の鍵を解除してくれるよう協力を依頼する。
しかし、才人からプレゼントされた
水兵服に着替えた姿を見せようと
才人の後を追いかけてきたシエスタのせいで、
ルイズが激怒してしまう! 
いつもの大爆発で地下の迷宮に閉じ込められてしまった一行は、
出口を探すために地底を彷徨い歩くことに…。

物語の印象点

・シエスタさん、貴方は何をしたいんですかと^^

ついにアルビオンとの開戦を決意した女王。
出来る事なら、戦争などしたくないけれど
それが逆に好戦派をつけあがらせ、国を不安に陥れるならとの
苦渋の決断。

かわいそうなお姫様・・と思った話でもあるのですが!!
今回はシエスタさんが美味しいところ、ゼーンブさらって行ってしまったと^^

街中を歩くサイト君とルイズ。
緒戦の圧勝に気をよくしている城下の人たち。
けれどサイト君としては、あまり興味のある話でもなくて。
(姫さんは戦争反対なんだよな・・・)
なのに仕方なく開戦を決断した。
その事を心配していたようです。

と言うのもつかの間。
洋品店に並んだとあるアイテムに大興奮(*゚∀゚)=3

セーラー服・・・ですよね、それ(*^-^)♪
確かに特定の男性にとっては夢のアイテムですし、
気持ちが高ぶるのも分かりますけれど、サイト君・・・おーい!!
帰ってコーイ(*^-^)アハハハハ!!

1も2もなく購入を決め、誰に着てもらおうかってアノネエw
『ルイズだと胸がないからイマイチだしな・・・』って
まあ確かにそうなんですけれどね。
どうせならシエスタさんなんかは似合いそう。。。って思っていたら
案の定そんな展開に(爆笑)

髪も黒いですし、きっと素敵な女学生姿になるのかな・・・
それがこの後の喜劇につながるとは思いませんでしたが。

・アニエスの気持ち

前回敵討ちの本懐を遂げ、目指す真の黒幕を記した書物が
学院地下にあることを知った彼女。

しかし厳重に封印が施されており、どうにも手が出しずらいと。
で、ルイズ達の力を借りて何とかと考えた訳で。
凄惨な過去でしたしね・・彼女の場合。
疫病がはやった村との言いがかりで焼き払われた村の生き残り。
覚えているのは、小さな自分をおぶって逃がしてくれた男性の背中と
後は一面の焼け野原。

帰る場所を奪われ、復讐に身を焦がした彼女。
助かった命をその為だけに捧げようとするアニエスが
どうしても・・・哀れに見えて仕方ないんですよね・・・。
救われた命なら、せめて失われた命の為に
自分がその分まで生きて見せよう、と言う考えもありだとは思うのですが。

で、ここでもサイト君がツマラナイ茶々を入れるものだから
ルイズさん、またプリプリしてしまってw

『ルイズは爆発しか使えないからな』
前回のディスペル?でしたっけ、虚無の魔法の1つ『解除』。
あれは使用にかなり制約あるみたいですしね・・・

となれば、これしかないのも分かりますけれど
さらにサイト君、トンデモナイ仕込をこの時していたものだから・・・

その頃のシエスタさんの部屋。
大好きなサイト君からのプレゼント『水兵服』を着て
『喜んでくれるかな・・・・サイトさん("▽"*) ♪』
まあ、気持ちは分かりますけれどね^^

確かに良く似合ってもいましたし。
可愛らしい、今時の女の子みたいな印象もありますしね。

・って、何故追いかけてくる??

その後17をメンバーに加え、地下捜索に赴く一行。
地下通路を進む中・・・

『サイトさ~ん!』とノー天気なお声がかりが(爆笑)
ちょ、シエスタさん・・貴方何をしとるんですかと。
わざわざここまで追いかけてくるんですかwww

しかも無駄に華やかな演出に、さらに吹きましたよワタシ。

これにますますプリプリするルイズさん。
シエスタさんがさらに火に油、注ぎましたしね・・・(*^-^)♪
『サイトさんがルイズじゃ胸がないからって・・・』

あーあ、ヤキモチ+コンプレックスでもう爆発寸前ですし
ルイズさんは(*^-^)♪

『どーせアタシは胸ないしペタン子ですよ、きい!』
で、地下洞窟で爆発させてどうするんですかwww
帰り道、塞がったじゃないですか(苦笑)

もちろん17のキツイお仕置きもありましたけれど、
デレイズさんとしては、やっぱりスケベ犬への
お仕置きの方が大事な訳で。

『夜(の超お仕置きタイム)を楽しみにしてなさいよ・・・』
ぞぞっとしましたねこの時(苦笑)
前回はイバラノムチも手に入れてますし、ますますヒートアップしそうな
予感がヒシヒシト・・。

・17、意外なポカをする?

魔法の使用を禁じられた地下書庫。
目指す敵の情報を探ろうと必死なアニエス。
そんな彼女を心配そうに見つめるコルベール先生。
ははーん。
あの時彼女を助けた人は先生だったと。
だとすると、何故先生があの場所に?
元は軍人だったとか?
このあたりもいずれ明らかになると面白いんですけれどね^^

で、そんな中で普段やっている癖はついつい出てしまうわけで。
17、うっかり本を片付ける為に魔法を使ったものだから
あっという間に大ピンチに!

そこはサイト君と先生が活躍したおかげで事なきを得ますが
肝心の首謀者についてはページが破られており分からずじまいと。
学院関係者なんですかね?首謀者って。
黒い話があるとは考えにくいですけれど、ありえない話でもなさそうですし。

・オチはEND曲へつなげるために?

どう見てもそんな印象が拭えないんですが^^
塞がってしまった通路をどうにかしないと帰れない一行。
で、ここでシエスタさんの役目、本領発揮ですかww

『シエスタといちゃいちゃしなさい』ってあのねえ^^
そりゃサイト君とシエスタさんは嬉しいでしょうけれど♪

黙ってない方をワタシ、一人だけ知っているような気が。
『こぉのヘンタイ犬ぅ~ヾ(`◇´)ノ彡☆』

で、END曲の出だしにつなぐわけですか(大爆笑)
こ、こ、ここのバカ犬ぅ~!!

なるほど、芸が細かい・・・ってそんなワケナイジャナイですかw
スポンサーサイト

Re comments.

Comment form.

  管理者にだけ表示を許可する 
  注意 名前、タイトル、本文を入力する事で投稿可能になります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。