スポンサーサイト 
-- -- --
-- --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゼロの使い魔~双月の騎士~12話(最終話)です。

主観的あらすじ

敵の魔法により同士討ちを始めた
トリステイン軍の兵士たち。
混乱に乗じて攻め込んでくる7万のアルビオン軍。
退却すらもままならない状況に、マザリーニ枢機卿は
ルイズに部隊のしんがりをつとめて欲しいと依頼する。
しかし、いくら虚無の使い手とて
7万の敵を1人で足止めするという作戦はあまりに無謀で、
生きて帰れる可能性はゼロに等しい。
しかしルイズは女王のため、ひいてはみんなのためと
引き受ける覚悟を決めた。
どうしても行かせたくないサイトは、
最後の別れに乾杯をしようと提案するのだが、
逆にルイズが思わぬ提案をしてくるのであった…!?

物語の印象点

・効果音付きOP/EDは何の意味が?

吹きましたよ(*^-^)♪
特にエンディング。

これは最終回だけでなく、初めから効果音付いていたら
なおのこと面白かったかもですねw

と言っても・・・これで聞き納めですか。
ちょっと寂しいかも・・・

・好きな人の為に

敵国のマジックアイテムにより、一転して窮地に陥るトリステイン軍。
もしもこの状況を覆せるのなら、ルイズさんの虚無に頼るしかないと言うのは
分かる気がします。
殿を務めて欲しいと請われ、貴族として、そして女王の為にと
任務を引き受けるルイズさん。
本心はもう1つ。
大好きなサイト君には、異郷の地で死んで欲しくないと言うことも。

好きな人を守る為に、自ら死地に赴くですか・・・。
そうしなくては守れないから、自分がやるしかない。
自己満足に見えたとしても、生きてさえいてくれれば・・・

と言うのはサイト君ルイズさん双方に共通した考えなんでしょう。
その前に、二人の間に主従関係でない確かな絆が欲しいと考えるのは
別におかしなことでもなくて。

別れの盃をサイト君は提案し、ルイズさんはもっと女の子らしい提案を。
顔をくしゃくしゃにしながら、結婚式をあげてみたいのとつぶやくあたりは
可愛いですね(*^-^)♪

ただ、視聴していて思うのは・・・
二人とも『死んでしまう』ことを前提にお話を進めていませんか?と言うこと。
生きる希望が欲しくて、そうした事を行うと言うなら好みのエピソードですけれど、
死を覚悟して、と言うのは・・・実はあまり好きではなくて(苦笑)

市場で結婚式に必要なアイテムを買い求め、教会で二人だけの
厳かな式をあげようとするルイズさん。

サイト君・・・わざとらしいネタでルイズさんの気をそらしてまあ(*^-^)♪

『き、キスするんだよな・・・誓いのキス・・・ん~んん~♪』
あのねえ、気を逸らすにせよ、もう少しムードも必要でしょうに(苦笑)
そして隙を見計らい、シエスタから貰った眠り薬をルイズさんの飲み物に。

二人だけのささやかな儀式であったでしょうが、確かにこの時・・・
絆が出来たのかもしれません。
今生の別れを覚悟し、きちんと自分の気持ちを伝えるサイト君。
『俺はルイズが好きだ』と。
(でもシエスタも好きだ)

だから会えてよかったと締めくくる彼に、不思議とトキメくルイズさん。
私もサイトに会えて・・・
後の言葉は続かず。
薬の効果はてきめんと。

(これでいいんだ・・・)
教会の外で待っていたジュリオにルイズさんを任せ、一人殿を務める彼。
元から生きて帰ろう、と言う気はなかったんでしょう。
けれどやっぱり・・・生き抜いてもう一度ルイズさんに会いたい!と言う
台詞があったら、私的にはちょっと嬉しかったりもしたんですけどね。

次にルイズさんが目を覚ましたのは、アルビオンを脱する飛行船の中。
サイト君の行方を聞き、彼の心境を初めてうかがい知ったルイズさん。
それはシエスタさんにも同じだったようです。
生きていて欲しいからと手渡したポーションを自分たちの為でなく、
ルイズさんの為に使い、自分は戦地に残った彼。

甲板から彼の名を叫ぶルイズさん。
この時心底分かったんじゃないんですかね?
『人を残して逝く』ことの、本当の意味と哀しさが。
残された人の事を考えるなら、もっと別の言い方、やりかたもあるはずだということに。

・無謀

敵を前に、獅子奮迅の働きを見せるサイト君。
魔法を撥ね退け、弓矢を打ち落とし、周囲の敵をなぎ払う姿は
ベタですけれど、鬼神もかくやと言う感じでしたね・・・。
目的はたった一つ。
ルイズさんを無事に逃がすことだけ。
死ぬことなど、その後のこと。
とは言うものの・・・多勢に無勢、負け戦に勝機などなし。
やがて致命傷を食らい、空を仰ぎながら愛しい人の名前を呼ぶのでした・・

・ツンな展開があるからデレも際立つ。
それがツンデレクオリティ?

学院・・・・。
無事に逃げ延び、生きている事を実感するルイズさん。
17とちぃ姉さんに囲まれ、今回の戦争の事を思うのですが・・
人を失う、あるいは取り残されると言うことはこういうことだと
今更ながらに思い知ったようです。

そこへ17、つい言ってはイケナイ一言を。
『あんな使い魔が死んだぐらいで・・・』
たしかにそうでしょうね(苦笑)
魔術師にとっての使い魔はそういうものかもしれません。
主従関係と身分の高低を考えれば、それもそうでしょうし、
お姉さんなりの励ましとももちろん。
けれど、違うんですよ。
ルイズさんには、使い魔でありながら同時に大切な絆を築いた人。
それをアッサリとケリをつけて欲しくないから。
名誉の為に自分が彼を残して逝ったなら、恐らくサイト君も
同じ事を言うでしょうし。
その逆は言うまでもなく。

初めて見るとおぼしきルイズさんの剣幕に、17もタジタジ。
ちい姉さんに引かれる格好で部屋を出て行きますが・・・・
ルイズさん、悲しむだけ悲しんだら前を向いて歩きましょう。
生きて彼を見ることは叶わないにせよ、そのおかげで救われた命も
あるのですから。

・・・・なんてカッコイイ終わり方になるわけないじゃないですかw
ご都合主義、と言えばそれまでですが、
結婚式の際、手渡したあのマジックフラワーが再び輝きを取り戻して・・・
慌てて外へ飛び出すルイズさん。

その先には、焦がれた人の無事な姿が。
あとは感情のままに。
再会を喜び合う二人、なのですが・・・
どうやら、ギーシュが助かった時と状況は同じみたいで。
エルフのボインちゃんに救われ、しばらく静養をしていたんだとか。

こりゃ、どう考えてもあのENDへつなげるための都合かな?と
思っていたら案の定。

『そう・・・そういうこと、ね・・・(怒)』
そんなに巨乳のエルフがいいなら、そっちに行けばいいじゃない!きい!

はいはい、お約束ってヤツですね(*^-^)♪
塞ぎこんでいたシエスタにも無事な姿を見せて、これで元の鞘に戻ったと。
って、そこでもサイト君は胸しか見ないんですかwwww

『こ、こ、こここここの、エロ犬ぅ~!!!』
ルイズさんのヤキモチの怒声が、双月の空に響き渡るのでしたw


・総評

まずはスタッフの皆様お疲れ様でした。
2期を総じて視聴させていただいた感じとしては・・・
ごめんなさい、面白いのですが『消化不良』と言う感じも
正直否めないところです。
回収しきれない要素が多く、三期につながるのかどうなのかと言う点でも
かなり微妙なラインで・・・。

シリアスを前面に押し出したのは良いと思います。
が、ところどころのお色気かツンデレか良くわからない部分が
意外なほど物語と噛み合ってなかった所も多くて・・・(苦笑)

とは言え、ファンタジーものとしてはこうした物語もアリですし
楽しめたのも確かです。

また3期があるのなら、是非見たいと思いますね・・。


スポンサーサイト

Re comments.

Comment form.

  管理者にだけ表示を許可する 
  注意 名前、タイトル、本文を入力する事で投稿可能になります。

Trackbacks.

レビュー・評価:ゼロの使い魔(アニメ)/ゼロの使い魔・双月の騎士・第12話「さよならの結婚式」(最終話) 2007/09/27 17:01:40 ◇ ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン
品質評価 0 / 萌え評価 0 / 燃え評価 0 / ギャグ評価 0 / シリアス評価 0 / お色気評価 0 / 総合評価 0レビュー数 2 件 脚本:脚本:北条千夏絵コンテ・演出:鈴木洋平作画監督:藤井昌宏敵の魔法により同士討ちを始めたトリステイン軍の兵士たち。混乱に乗じて攻め込んでく
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。