スポンサーサイト 
-- -- --
-- --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
機動戦士ガンダム00 第1話です。

物語の概要

──西暦2307年。

化石燃料は枯渇したが、人類はそれに変わる
新たなエネルギーを手に入れていた。
3本の巨大な軌道エレベーターと、それに伴う大規模な太陽光発電システム。
しかし、このシステムの恩恵を得られるのは、
一部の大国とその同盟国だけだった。
3つの軌道エレベーターを所有する3つの超大国群。
アメリカ合衆国を中心とした『ユニオン』。
中国、ロシア、インドを中心とした『人類革命連盟』。
ヨーロッパを中心とした『AEU』。各超大国家群は己の威信と繁栄のため、
大いなるゼロサム・ゲームを続ける。そう、24世紀になっても、
人類は未だ一つになりきれずにいたのだ……。
そんな終わりのない戦いの世界で、「武力による戦争の根絶」を掲げる
私設武装組織が現れる。モビルスーツ「ガンダム」を所有する彼らの名は、
ソレスタルビーイング。

ガンダムによる全戦争行為への武力介入がはじまる。

物語の印象点

・戦争の持つ矛盾点

を、正面からキチンと描き出そうと言う印象を持ちました。
力はより強い力でねじ伏せられる。

力による平和、と言うのも見方によっては正しいのだとは思います。
『行使する人間』の持つ信念、大義、そして道を外れた時に
それを正してくれる存在がいるのであれば。

と書き出すと・・あくまで上、つまり前線で戦う人の気持ちなど
置き去りの部分もあったりするんですよね実は。

力を望むのなら、より強い力でそれをねじ伏せるべし。
行為が正しいとは思わないけれど、今はそれでいい。
より不幸な存在を産み出さない為に、あえてテロリストの仮面でも
何でも被ってやろうと考えるパイロットたち。
そんな雰囲気も漂わせてますね・・・何となくですが。

かつてガンダムWと言う作品がありましたが、雰囲気はこれに近いものも
実は感じてもいたり。
単機での局地戦闘を可能にし、単独行動が基本となる機体を用いて
時に他の機体と連携、敵勢力を殲滅する存在。
コンセプトもそれぞれに異なってますし、連携次第では
面白い戦局も見られそうですしね・・・

エクシアが白兵戦、汎用系と。
デュナメスが長距離支援用、キュリオスが高機動戦闘用、
ヴァーチェが強襲・殲滅戦と言うことですか。
特徴も分かりやすいですね・・・

それからタイトルのガンダムですが・・・

いきなりメインの00ガンダムがOPからご登場でしたしね^^
歴代のガンダム作品を見ていたワタシとしては・・・・

ヒゲの月光蝶なんてのを思い出したりもしていてw
雰囲気もファーストガンダムに近かったですしね・・・

ああ、刹那の搭乗しているガンダムエクシアの事じゃないですよ(*^-^)♪
あれはどの道・・物語途中で乗換と言うのもあるんでしょうしね。

・高河ゆんさんの参加

LOVELESS 読んでますから、ワタシも(*^-^)♪
あの特徴的な絵柄は良いですね・・・美少年ガンダムの王道みたいな感じで。

視聴は文句無く継続と言うか、元々楽しみにしていた作品でしたし。
1年の長いスパンで楽しめる作品、これからのレビューもワクワクしますね・・・

スポンサーサイト

Re comments.

Comment form.

  管理者にだけ表示を許可する 
  注意 名前、タイトル、本文を入力する事で投稿可能になります。

Trackbacks.

レビュー・評価:機動戦士ガンダム00/第1話「ソレスタルビーイング」 2007/10/10 18:57:51 ◇ ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン
品質評価 23 / 萌え評価 37 / 燃え評価 7 / ギャグ評価 11 / シリアス評価 13 / お色気評価 12 / 総合評価 18レビュー数 343 件 第1話「ソレスタルビーイング」のレビューです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。