スポンサーサイト 
-- -- --
-- --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
灼眼のシャナⅡ 第2話「全ての序章」 
2007 10 13
Sat 06:44:11
灼眼のシャナⅡ 第2話です。

主観的あらすじ

夢を操る“徒”、“戯睡郷メア”。
だが、悠二の活躍でその自在法は破られ、
シャナが振り下ろした一太刀であっけなく倒れた。
封絶が解かれた世界はそれ以前と変わりなく、
翌日もまた、悠二はいつもと変わらぬ朝を迎えていた。
ただそこにも僅かながらも変化があった。
朝の鍛錬の相手がヴィルヘルミナだったこと、
そして鍛錬を終えた悠二にシャナが「悠二は強くなるよ」と声を掛けたことだ。
……しかし、戦いの時は再び始まった。
封絶の中に取り込まれた悠二とシャナの前に本当の姿を現す“戯睡郷メア”。
その力によって現実化する強大な敵。
夢を覚ます為のキーはどこにあるのか。
そして“メア”の狙いとは……。

物語の印象点

・2期から視聴始めた人には・・・と、ライトノベル原作の限界。

本筋の話はさっぱり分からないけれど、
とりあえずマクー空間で戦闘をする必要があって
そのために悠二の修行の必要があって
その修行の相手をするのがメイドの無味乾燥女で
ライバルのヤンデレの女の子がいて、
釘の人はメロンパンが好物のツンデレってのは分かった。

って感じなんでしょうね(苦笑)

そこは正直否めない部分もあるかと思います。
むしろ気になるのは・・・原作はワタシも知らないんですけれども、
専門用語の多さ、と言うことですね(苦笑)
イメージ、取りにくい部分も多いと思うのですよ。
ラノベに良くありがちな、やたらと難しい単語か当て字で構成される
特殊用語って言うんでしょうかね(*^-^)タハハ・・・
全部とは言いませんが、少しだけでも説明を入れて上げられたら
未視聴の人にももっと優しくなるような作品になるかもですね。

・吉田さん、強いッス(*^-^)♪

今回の始まりはお弁当対決。
悠二の為にとせっせと美味しいお弁当をこさえてくる吉田さん。
当然、シャナさんとしては面白くないと。
そこで鍛錬はメイドさんに任せて、自分も手料理の練習。
『(吉田さんが悠二に)お弁当渡すのが嫌だ・・』
でも、何でそう思うのかが分からない。
ハイハイ、ツンデレサンのお約束思考と言うヤツですね。

でも、ちゃんとこしらえて、何とか手渡しできたのは
良かったのではないでしょうか。

と言いつつ、可哀想なのは悠二くん。
吉田さんのお弁当も無下に出来ませんし、
シャナの『カリカリもふもふ弁当』も粗末に出来ませんしね(*^-^)♪

両手に花の、非常に羨ましい状況でもありますが・・・
その対価が2倍のお弁当を食べきる事ではねえ(*^-^)タハハ・・・

結局保健室で寝込んでしまう彼。
心配する女性陣二人と言うよりも、しっかりライバル対決まで!

『お弁当は私が作るから、一美は作ってこないで!』
それに普通の女の子なら、私達に関わってこないで!
す、ストレートですねかなり(爆笑)
邪魔するなら、刀のサビにしちゃうわよ・・・みたいな気迫もあったりして。
けれど吉田さんも負けてないですね・・・・

『お弁当の量、半分にして持ってきますから』
私も悠二くんのこと好きだし。

おー、強い強い。
こうでなくてはイケマセンネ。

そしてマクー空間での戦闘。
かつて繰り返したことをなぞりつつも、どこか異なる世界。
狙いは悠二の零時迷子。

一旦は敵の手に落ちようと言うところだったのですが、
どうもその迷子、守護魔法か何か掛かっているみたいで
敵を受け付けず。
なかなか便利なようですが、これもこれで問題がありそうで・・
さらなる謎を呼びながら、物語は3話へと続いていくのでした・・・
スポンサーサイト

Re comments.

Comment form.

  管理者にだけ表示を許可する 
  注意 名前、タイトル、本文を入力する事で投稿可能になります。

Trackbacks.

レビュー・評価:灼眼のシャナ【アニメ】/第2期 【第2話】 「全ての序章」 2007/10/16 14:17:59 ◇ ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン
品質評価 25 / 萌え評価 70 / 燃え評価 3 / ギャグ評価 17 / シリアス評価 22 / お色気評価 15 / 総合評価 26レビュー数 141 件  夢を操る“徒”、“戯睡郷メア”。だが、悠二の活躍でその自在法は破られ、シャナが振り下ろした一太刀であっけなく倒れた。封絶が解かれ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。