スポンサーサイト 
-- -- --
-- --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
機動戦士ガンダム00 第4話「対外折衝」  
2007 10 27
Sat 23:13:57
機動戦士ガンダム00 第4話です。

物語の印象点

・ガンダムWフィルターをかけて視聴すると・・・

マリナ姫とお付きのメガネ・・・
【リリーナさん】と【レディ・アン特佐】です(苦笑)
本当にありがとうございました(爆笑)

と、まずはお馬鹿な話から持って行きますが・・・

今回は政治のパワーバランスと言うか、アニメに落とし込んだ
政治屋さんらしい狡猾さを見せて頂きました。

タリビアを訪れていたお姫様。
目的は自国への援助要請のため。
太陽光資源の供給国に属さず、化石燃料(いわゆる石油)を持ちうる
国であることから、自国こそ資源供給国であると主張、そのおかげで
斜陽の憂き目を見た国を救おうと東奔西走。

でも、奇麗事じゃ済まないんですよね何でも。
そこはお姫様も自覚はして行動しているのでしょう。
お飾り、と言う印象ありませんし(*^-^)♪

他国の援助を受けるというのがこの場合どういう意味を指すのか
そこはきちんと理解していたようですし。

故にユニオン、つまりアメリカに抗するタリビアの気持ちも
理解はしていたようですし、また彼らのやろうとしたことも
きちんと分かっていたようです。

タリビアのやろうとした事は至極単純。
ソレスタルビーイングが戦争、紛争に武力介入するなら
あえて彼らを呼び込み、ユニオンの介入を阻止していただこうと。
その上で自国の優位に働くよう、ユニオンに働きかける。
そんな公算もあったと思います。

読み違えたのは、たった1点。
【戦争をなくす】と言う手法が何であれ・・・
要はこの世界から戦争の火種を消滅させるのが彼らの目的。

つまり、【特定の国の利益】の為に動くことはないということ。
紛争の火種を抱える国であれば、容赦なく攻撃を加えるということを
彼らは読み違えていたようです。

大局的に言えば、どこかの超大国の属国であろうとなんだろうと
【戦争がなくなる】のであれば、方法論などどうでも良い話とも
受け取れる4話でもありました。

・グラハムさん・・やはり仮面のエースの匂いが(*^-^)♪

フラッグカスタムを操り、刹那に迫るグラハムさん。
通常型の【2倍】のスペックを誇る機体で今度こそ!と
意気込んでの戦闘。

カッコいいぞ!なんて視聴しながらワクワクしてました(*^-^)♪
やはり不敵な物言いと、実はイケメン、そしてエースと言えば
ガンダムには付き物ですしね(*^-^)♪

前期は25話で終わるそうですが、後期は仮面を被ったり
グラサンかけたり、あるいはマスクをしたりするんですかね??
そんなことばかり想像していた4話だったのでした^^
スポンサーサイト

Re comments.

Comment form.

  管理者にだけ表示を許可する 
  注意 名前、タイトル、本文を入力する事で投稿可能になります。

Trackbacks.

機動戦士ガンダムOO 第4話「対外折衝」 2007/10/28 07:43:01 ◇ MAGI☆の日記
機動戦士ガンダム00の第4話を見ました。第4話 対外折衝ソレスタルビーイングは戦争根絶をうたいながらも国家の秩序を乱すテロリズム以外のなにものでもなく、それで148名の尊い兵士の命を失ったとして、セイロン島での介入を人革連は断固とした態度でテロに対抗していく...
レビュー・評価:機動戦士ガンダム00/第4話「対外折衝」 2007/10/30 19:06:53 ◇ ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン
品質評価 14 / 萌え評価 30 / 燃え評価 8 / ギャグ評価 10 / シリアス評価 20 / お色気評価 6 / 総合評価 15レビュー数 272 件 第4話「対外折衝」のレビューです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。