スポンサーサイト 
-- -- --
-- --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
灼眼のシャナⅡ 第4話「憂いの少女たち」 
2007 10 28
Sun 13:12:05
灼眼のシャナⅡ 第4話です。

主観的あらすじ

ヘカテーと同じ顔を持つ転校生・近衛史菜。
優しいクラスメイトたちのサポートもあり、
次第に学校生活に慣れた彼女は、悠二やシャナ、
吉田や緒方たちとも一緒に昼食をとるようになっていた。
だが、彼女への疑惑が消え去ったわけでない。
マージョリーとヴィルヘルミナは、バルマスケの動きを
世界各地に散らばるフレイムヘイズからも収集するなど、
わずかな不安要素も見逃さない気構えでいた。
そんなことを知ってか知らずか、悠二は新規オープンした
デカ盛りの店に行ってみようとみんなを誘う。
そして、悠二と佐藤がデカ盛りラーメンの早食い勝負をしている最中、
史菜が姿を消す。

物語の印象点

・要はヤキモチと言えたらいいのにね(*^-^)♪

今回はヘカテーさんや、本筋のお話は一休み。
主な所はシャナさんと吉田さん、そしてダメテーの
悠二君争奪戦?の御話と。

そりゃシャナさんとしては気が気ではないですよね実際。
単にヤキモチと結論付ければギャルゲ、ライトノベルのお約束展開と
まとめることは可能ですけれど・・・

少し見方を大人チックに変えてみると・・・
独占していたものが、急に別の人にとられてしまう。
それが、凄く嫌だ。

なんて感じに見受けられもしますね実際(苦笑)。
小さな子供の兄弟なんかがお母さんの気を引こうと互いにアレコレするのと
同じような感覚って言うんでしょうか。
あるいは、同様に小さな頃の一番の仲良しさんが
急に別のお友達が出来て、自分をあまりかまってくれなくなったりとか。
そういうときに良く似ているんですよね。

故に、恋心としてキチンと自分の気持ちを把握している吉田さんの方が
より辛かったりもしたんじゃないでしょうか。
『ヤキモチかな・・・この気持ち。それって嫌だな・・・』
悠二くんのお弁当を用意しながらの一言がまた健気でもありますし、
はいはいご馳走様なんて、ふと茶化したくなる気持ちも
視聴しながらムクムクと(苦笑)

その一方で、呑んべさんもヘカテーさんの事はキチンと調査中と。
抜かりは無いですね・・・こちらも。
とすると、後はクサクサしているシャナさんの気持ちが定まるかどうかですか。
零時迷子とは悠二君のことでしょうが、

シャナさんの気持ちって今は・・常時迷子なんじゃないんですかね(*^-^)?

ところでダメテーさん・・・
お世話する人を困らせてはいけませぬな(*^-^)♪
眼を離せばあっちへフラフラ、コッチへフラフラって・・
ホントに体だけ大きいお子様じゃないんですから(爆笑)
スポンサーサイト

Re comments.

Comment form.

  管理者にだけ表示を許可する 
  注意 名前、タイトル、本文を入力する事で投稿可能になります。

Trackbacks.

レビュー・評価:灼眼のシャナ【アニメ】/第二期 【第4話】 「憂いの少女たち」 2007/11/02 19:26:29 ◇ ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン
品質評価 12 / 萌え評価 43 / 燃え評価 6 / ギャグ評価 14 / シリアス評価 13 / お色気評価 14 / 総合評価 17レビュー数 146 件  ヘカテーと同じ顔を持つ転校生・近衛史菜。優しいクラスメイトたちのサポートもあり、次第に学校生活に慣れた彼女は、悠二やシャナ、吉田
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。