スポンサーサイト 
-- -- --
-- --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Myself yourself 7話「先生のキャラメル」 
2007 11 15
Thu 06:40:52
Myself yourself 7話です。

主観的あらすじ

幼い頃、佐菜たちがよく遊びに行った桜乃社自然公園を潰して、
そこに新しい市庁舎を建てようとする計画を知った朱里は
反対の署名活動を始める。
しかし、学校内での署名活動が問題になり、
朱里は校長室に呼び出されてしまう。
一方、ボランティア活動で老人ホームに行った佐菜とあさみは、
そこで知り合った老婦人からあることを頼まれて・・・。

物語の印象点

・シリアスとラブコメの合成回。

一言で7話をまとめるなら、これですね(*^-^)♪
前半は朱里の家庭環境のお話がメイン、後半は
菜々香とあさみさん、佐菜君の三角関係再び?と
おばあちゃんの絡んだちょっとコワーイお話に。

と言うか、先生ほとんど関係ないじゃないですか全く(苦笑)
キャラメルに絡んだ思い出回想ぐらいで。

時折生徒へのねぎらいという形でキャラメルをくれる先生。
その甘い欠片に、ふと昔の事を思い出しそうになる佐菜君。
小さな頃、どうしても逆上がりが出来ずに困っていた時に、
そっと差し出してくれたお姉ちゃん。
「どうしたの?もう電池切れた?」
そんな励ましの言葉と一緒に。

あれ、先生だったんだ・・・・ってそれだけですか(爆笑)
もう少し話を掘り下げなさいってのもう(*^-^)♪

むしろ朱里の話の方はかなり重くて。
親が市議会の議員、かつ思い出の公園を市庁舎に変えようという
推進者であることを知った彼女は、署名を集め反対運動を
始めるのですが、そこには「想い出を壊して欲しくない」と言う
気持ちもあったようです。

実は朱里さん達のお母さん、すでにいなくて。
現在は別の女性が母親として後添いに入っていると。
嫌悪感、ってやつですよね。
大切にしていた人の場所に、あとからズカズカと入り込まれる。
汚されるような気がして、それが嫌だから言葉も刺々しくなる。
ソウイウコトなんでしょう。
そこを隠さず、ストレートな表現で示したのはなかなかGJでしたね。
「あんたのセックスの相手を、”お母さん”だなんて呼べる訳ない!」
これ、相手の女性にしたらこれ以上ない批判の言葉ですね・・・
お腹を痛めたのではないにせよ、もしも好きな男性の連れ子を
ちゃんと愛してあげようともし、考えていたんだとしたら。

ココのあたりについて、今後本編で話が進むかと言うと
多分進まないんでしょうねきっと(苦笑)
続きはゲームで、ね・・みたいな感じにも思えますし(*^-^)♪

・あさみさん、美味しすぎます。

ポニテがとてもお似合いの女の子、あさみさん。
今回は見事にフラグブレイカーぶりを披露と。

壊したのは、菜々香さんと佐菜君の愛のフラグ。
せっかく前半打ち解けて仲良さそうな雰囲気だったのに・・・ねえ。

逆上がりからつながる想い出を回想していた佐菜君に
ホームのお手伝いを偶然申し出ると。
ここはまあ問題もないでしょう。

この書き出しだと、ネタにならないのでネタっぽくしてみると。
実は二人きりでのお手伝い、狙ってましたねあさみさん?
みたいな(*^-^)♪

と言うか、朱里さんが学校を休んだ時の彼女の受け答え・・・
面白すぎなんですが(大爆笑)

「あの。。。女の子だから、その・・日じゃないかな?」
頬赤くして年頃の男の子にいう話ですかそれは(大爆笑)
まったくこの人は^^

で、ホームでおばあちゃんに頼まれごとをされた二人。
菜々香の神社の敷地にある大きな桜の木に、それを埋めるのですが・・
立ちくらみってなんですかそれは(*^-^)♪
貴女どうみても健康そうな女の子に見えるんですが^^;
しっかり佐菜君と抱き合うあたり実は・・・・

(やったわあさみ!彼のフラグは頂いたわ( ̄ー ̄)♪)

なんて(苦笑)

と言うか、この時の菜々香さん怖いっす。・゚・(ノД`)・゚・。
ヤンデレ視線で二人をじーっと見つめるあたり・・・
手にした買い物メモが風に舞っていくあたりも
とても怖いんですけど。

(私と彼のフラグ壊すなんて・・・絶対に許さない!)
みたいなオチもつけられそうですし(*^-^)タハハ・・・

お馬鹿な話はそこまでにするとしても・・・
おばあちゃんが手渡したあの包み・・・
まさかホームの愛猫、ポーじゃないですよね中身は(怖)
そんなところも気になりつつ次回は・・・

またラブコメですかw
コラー(*^-^)♪
スポンサーサイト

Re comments.

Comment form.

  管理者にだけ表示を許可する 
  注意 名前、タイトル、本文を入力する事で投稿可能になります。

Trackbacks.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。