スポンサーサイト 
-- -- --
-- --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ef - a tale of memories. 第9話 『forget me not』 
2007 12 04
Tue 22:15:18
ef - a tale of memories. 第9話です。

物語の印象点

・再出発、到着、乗換え

今回の物語は3人のお話の到達点、分岐点それから・・・
再スタートと位置づけられる御話でした。

まずは千尋の話から。
4年間の記憶を全て失い、混乱する彼女。
それが等身大の彼女だと、説明され驚愕する蓮治君。

だから踏み込むなといった。
 だからこれいじょう関わるなと言った。
その結果がこれだ。

どうする?と問われた時。
彼が答えた言葉はなく、ただ・・・怒りと哀しさをぶつけるだけで。
何も出来ないのはもちろん分かっているけれど、
それだけじゃ悲しいから・・
だからもう一度、何度だって彼女の失ったモノを取り戻してみせる
そういう決意を見せてもらった気がしました。

日記を読み返すだけの苦痛を4年間、欠かさず続けてきた彼女。
読み返せば、徐々に記憶は巻き戻る。
物理的に辛いのは千尋の方だけれど。
精神的に辛くなるのは・・・蓮治君の方でした・・・。
日記をぶつけられ、流れた血と傷はいずれ消えるけれど。
13時間の縛りと12年の記憶しか持ち得ない彼女との
今後は、未来があるのか。それとも・・
永遠に続く牢獄なのか。

そういう切なさを持ってましたね・・・。

・みやこさん・・・確かに勝ったんですが(苦笑)

やっちまいましたよこの人www
公衆電話で愛しの人を待つわけですが・・・
テレカ、だんご大家族じゃないですか(大爆笑)
どういうつながりがあるんですか監督ぅ!!

と、お馬鹿な話は放っておいて。
海沿いで二人、ポツポツと会話を交わす中・・・
初めて等身大の素顔を見せたみやこ。
根無し草だからさ・・・と自分を評し、
二人で逃げようか、と持ちかける彼女。

逃げたその先に何があるかなんて分からないけれど。
貴方と一緒なら・・・と言えば、
どこかの演歌な叙情になりますけどね^^
けれど、それは解決にはならないんですよ。
だったら、つなぎとめて欲しい。
そういう思いをこめたキス。

そして今度は、紘からのキス。
「うるさい女を黙らせる方法、これしか知らないから」
そして、御約束の地へ行ってしまう訳ですか(苦笑)
あのねえ・・・それって皮肉な見方をすれば
単に傷のなめあいと言うのですよ、みやこくん(*^-^)♪
体はいくらでも簡単に、深くつながれるものだけれど・・・
心は、ね・・・

景。
こちらはと言えば、京介との会話に
少しだけ進展が。
先を行くお兄ちゃんの背中がどんどん遠くなる・・と言う
彼女に対し、それでいいんじゃないかと言う彼。
追いかければいい、目的を見つけ、夢をかなえたヤツが
先を走るなら、どこまでも追いかければいい。
そういうものだろ、と自然な気持ちを伝える彼。
思いやりも、まして同情もない一言に聞こえたのですが
そこが彼の魅力なのでしょう。
あるがままを、素直にあるがままに。
自分が景に惹かれる気持ちをそのまま受け入れ、
かつ景の気持ちを知りながら、その行くべき先をきちんと
指し示す。
そういう部分がこの二人ならではの良さなのかもと
思うのですよ。

まさかのCパートでリベンジを食らうとは
思いませんでしたけどねw

再び千尋。

記憶もあらかた取り戻し、
もう一度あの場所から、再出発を。
記憶を失いかけたとは言え、かつて蓮治君に
抱いた気持ちはちゃんと残っていると言う千尋。
積み上げた積み木。
感情と言うのは、積み木のようなものなんでしょう。
多分、恋愛ごとに関してはなおさら。
一つ一つ記憶の積み木を積み上げて、完成に近づけていく。
崩れてしまったなら、もう一度積めばいい。
けれど、それは【当事者】ならそうなのでしょうが・・・
積みあがったものを完成直前に壊され、また積み上げていく
過程を何度も何度も見せ付けられる蓮治君には・・・
それってどうなのでしょうか。

海岸に残っていた砂のお城の残骸が、
何故か二人をあざ笑っているように見えたんですよね・・

・みやこさん、強烈なリベンジ。

どこかのスクールな日々ですか?と言いたくなるような
そんなオチが。
あのねえ・・セックス三昧の日々は別に若さゆえと言うことで
まあいいんですが・・・
下着ぐらい片付けましょうよ(大爆笑)

爛れた毎日と言うか、これは年頃の乙女には強烈ですね・・
景には2重の意味でなおさら。
前回の意趣返し、さらに強烈なパンチでカウンター
食らった感じでしたしね・・・・(涙)

ゲーム的に言えば、「最初」を奪われたというのは
一番切なく、悲しい描写にもなるんでしょうが。

10話以降の話が気になりますね・・・
スポンサーサイト

Re comments.

Comment form.

  管理者にだけ表示を許可する 
  注意 名前、タイトル、本文を入力する事で投稿可能になります。

Trackbacks.

ef - a tale of memories. 第9話 「forget me not」 2007/12/05 01:19:32 ◇ れ~な♪の日記
ef - a tale of memories. 第9話 「forget me not」 見ました 「消えてないんだ、私まだ消えてなかったんだ…」 みやこが紘のところに電話をかけてきたのは、 ひとつの覚悟だったんだ...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。