スポンサーサイト 
-- -- --
-- --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Myself yourself 10話「桜のために」 
2007 12 05
Wed 04:20:40
Myself yourself 10話です。

主観的あらすじ

朱里と修輔は母の命日に墓参りに行き、
その帰りに商店街のファンシーショップに寄る。
次の日なぜかふたりを中傷する差出人不明の手紙が
学校に届く。
学校から連絡を受けた父親は激怒し、修輔のことを殴ってしまう。
妙な噂が立って、学校でも気まずい雰囲気になった朱里は、
佐菜やあさみと気晴らしに桜の杜総合病院に行くのだが・・・。

物語の印象点

・伏線回収、完了?

と言う書き出しにしておきます(苦笑)
それより何より・・・怖っ!!

今回の10話、怖いです病んでます
本当に(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

Aパートがシリアスだったので、もしやとは思ってましたが
Bパートはそれ以上に恐ろしく、怖くそれから・・・
愛情の深さゆえに病んでしまった人の哀しさを見ましたね・・・

今回の話で一応おばあちゃんの伏線は回収されました。
事故で失った愛娘を取り戻すべく、双子の故事にちなみ
願掛けをしていたおばあちゃん。
けれど桜は咲かず、愛娘も戻ってこない。
それならばと生贄を捧げてみた。
姉の方には小鳥を、妹の方には猫を。
それでも、還って来ない。
生贄とは人身御供とも言い換える事が可能なら、それなら・・・
朱里ちゃん、貴女は【双子】だったわねぇ・・

(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
ちょっと待ってくださいよ、怖いですよそれ本当に!
惨劇はあさみさんの犠牲により、無事に回避はされたわけですが・・・
この展開、あれを思い出しますね・・・
そう、恐らくは前世で兄弟ではなかったかと思われる・・
某スクールな日々の主人公、伊藤誠君を(*^-^)タハハ・・・
プロデューサーさんも、奇しくも同じ人ですしねぇ・・・(苦笑)

けれど、そこまで愛していたんだと思うと
悲しいですよね、人って。
人の親だけが多分持ちうる、狂気の沙汰とも言えるのでしょうけれども。
深く深く愛していただけに、それが零れ落ちた時の哀しみは
それ以上に。

朱里にしてもそうだったんでしょう。
お墓参りを欠かさない二人。
形だけ飾ったものよりも、大事に思う人がそのお墓に参って
くれる方がよっぽど供養になるはず。
彼女はそう言います。
その様子をジッと見つめる修輔。
かける言葉って見つからないですよねこういうとき。
それだけに、より二人の絆と言うのは深く、固くなるのも
あるんでしょう。
血で結ばれた、まして双子と言うより縁の深い二人ならば。

それから義母の意外な一面も。
バーで飲んだくれて、愚痴をこぼしながら愛人とホテルですか。
「アタシを汚いものでも見るように・・・」とこぼしてましたが
案外、彼女の荒んだ部分って朱里に原因があるのかもですね。
義母の肩を持つわけじゃないですが、もしも朱里が
お母さんとして慕い、愛情を持って接する事が出来たのであれば
こちらもこうまで荒まなかったのではと思うのですよ。

問題点は父君にもあるんですけれどね(苦笑)
学校にもたらされた醜聞のせいで、格好のいじめのネタにされる
朱里と修輔。

その醜聞から被害を避けるべく、留学を進めたり
選挙のことばかりを口にする父親。
子供には堪えますよね、実際・・・こういう時って。
最後に拠るべき人と言うのは、子供には親なんですけれどね。
まずそれを考えるよりも、大人としての立場を優先させた辺り
物語的にこういう部分で傷ついた時の癒しを
ゲームでは佐菜君が修輔の代わりにやってくれるのかな・・・と
思いながら視聴してました。

・あさみさん、もしや計画通り?

な、訳はないでしょう(*^-^)♪
しかし相変わらずの佐菜君レーダーぶりは健在ですね^^
朱里を伴ってのお見舞いしかり、
佐菜君の状態変化にも
いちはやく気がつくあたりなど(*^-^)♪
でも・・・攻略できないんですよね、彼女(涙)
佐菜君では。
まあそれは良いとして・・・
彼女がまさか怪我を負う展開になるとは思わなかったので
そこには驚いてしまって。
それからあの墨汁!!

アレを思い出すじゃないですかまったくもうw
しかも佐菜君と彼の造形・・・大まか似ているところも
あるだけに余計アレを・・・。・゚・(ノД`)・゚・。

しかしここまで刃物と墨汁を怖がる理由・・・
やっぱり相当のトラウマを抱えているんでしょうね、
あのお手々には。

次回11話のタイトルが告白とありますが・・・
ひょっとして佐菜君のトラウマに関する告白があるんでしょうか?
そこが気になる10話だったのでした。
スポンサーサイト

Re comments.

Comment form.

  管理者にだけ表示を許可する 
  注意 名前、タイトル、本文を入力する事で投稿可能になります。

Trackbacks.

Myself;Yourself 第10話 「桜のために」 2007/12/09 06:14:16 ◇ れ~な♪の日記
Myself;Yourself 第10話 「桜のために」 見ました なんか、すごい展開になってきました。 前回の遊園地のお話しが懐かしく感じちゃいます。 それにまた、菜々香の出番が少ない...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。