スポンサーサイト 
-- -- --
-- --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CLANNAD 第10話「天才少女の挑戦」 
2007 12 07
Fri 02:46:19
CLANNAD 第10話です。

物語の印象点

・風の噂の4クール説。

そんな話もちらほら耳にするクラナド。
あるいは2クール+特別編の構成とも言われていますが、
何にせよ、久しぶりに暖かい物語を
楽しませて頂いているので、出来るなら長く・・・
可能なら4クールの長丁場で物語を楽しんでみたいものです^^
願いが届けば・・・でしょうけれど(苦笑)

・何とかと天才は紙一重?

今回から始まったことみ編。
天才少女と言う肩書きを持つ女の子ですが・・・
初見の印象ではごめんなさい、
「おでんぱラブ☆ガール」と言い換えても良いのかも(苦笑)

幼すぎるんですよね、言動が。
思考はともかくとして。
故に「何故そういう設定なのか」と言うほうに
ちょっと気が行っていたり(*^-^)♪

風子との想い出を心の片隅に留め、今日も仲良く登校の
渚と朋也。
気がつけば、渚と呼び捨ての朋也君を見れば・・・・
杏でなくとも「つきあってんの?」と勘ぐりたくなるのは
まあ御約束の話で(*^-^)♪

そして、ことみ編でのお話でも多分・・・
ハーレムな展開もあるんだろうなと思っていたらありましたよ
全くもうw

ことみ、渚、椋、たぶん杏の全員が全員朋也のことを好きなのでは?
と思えそうな展開もあちこちにありましたしね(*^-^)♪
こちらはどう転んで行くのかはまあ楽しみにするとして・・・

関西的繰り返しのギャグも盛りだくさんだった10話でした。
人見知りの激しいことみに、どうにかお友達を作ってあげたい朋也君。
しっかし子犬ですかことみさんは(苦笑)
あーあーもう、何かあればすぐ朋也君の背中に隠れてしまって
しかも涙目。
二言目には「いじめない・・?(クスン)」ってあのねえ(*^-^)タハハ
こりゃ、椋と渚にとっては良いライバルですねホントに。

どうにかお友達も出来て、ほんわか和みムードで進んだのは
まあ良いのですが・・・今ひとつこのエピソードで何を見せたいのか、
と言う部分が不明確だった印象もあるんですよ。
生い立ちの部分にポイントがあるとか、トラウマがあるんだとか、
何かキーとなる伏線、1つは置いておいて欲しかったかな?
なんて気もするんですよね(*^-^)♪

ラストシーンのご老体が一応そうなんでしょうが、
それだけじゃ、ちょっと・・・
その辺りも含めて11話での展開を楽しみにするとしましょうか(*^-^)♪
スポンサーサイト

Re comments.

Comment form.

  管理者にだけ表示を許可する 
  注意 名前、タイトル、本文を入力する事で投稿可能になります。

Trackbacks.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。