スポンサーサイト 
-- -- --
-- --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
灼眼のシャナⅡ 第10話「帰って来た男」 
2007 12 08
Sat 07:06:06
灼眼のシャナⅡ 第10話です。

主観的あらすじ

悠二の鍛錬は、自在法の構築を試みる段階にきていた。
幾度かの失敗の後、悠二が封絶に成功した時、
シャナとアラストールからの祝い言葉はなかった。
悠二の張った封絶を染める、“銀色の炎”から目が離せずにいたからだ。
学園祭まで3週間を切り、
悠二のクラスでは出し物の最終決定と
地域の商店街まで繰り出す仮装パレードへの
代表者選びが行なわれていた。
シャナや一美だけでなく、史菜と悠二もまた出場者として選ばれ、
それぞれが仮装する役がくじ引きによって選ばれる。
そしてシャナがその怪しい影に気付いたのは、
そんな一日の夕刻だった。“徒”でこそないが、
悠二の家から彼女らを尾行するその影に、
シャナは容赦ない一撃を加える。

物語の印象点

・零時迷子の核心に迫る伏線?

と言う前フリがチラホラ見られた10話でした。
如何せん、今ひとつ世界観の把握が困難なシャナの物語では
あるんですが、どうやら悠二君の顕現させた銀の炎・・・
あれはどうやら彼の内包する零時迷子とやらに
因縁深いものがあるみたいです。

そして、マージョリーさんの追い求める銀とやらと
同一のものなのかはまだ不明ですけれども、
これももう少しお話が進めば明らかになるんでしょうか。

そして、ヴィルヘルミナさんが巴里で聞き及んだ話。
フィレスと言うキーワード。
どうやらこれも、悠二君絡みのキーワードのようですし、
後半2クール目に向けての伏線、着々と整いつつあるみたいですね(*^-^)♪

・いいぞ吉田さん(*^-^)♪

今回のお話は再び学園ラブコメディー。
学園祭で行われるパレードへの参加者で、ちょっとしたお話も
ありましたしね(*^-^)♪

仮装パレードを行うことになり、演目がロミオとジュリエット。
で、ロミオ役が悠二君。
と言うことは必然的にジュリエットの役でひと悶着はあるだろうと
思っていたら・・・やっぱりw

シャナさんに吉田さん、ダメテーさんと御約束の3人が揃い踏みと。
結果的に吉田さんが勝った訳ですが・・・
以前よりも確実に、自分の気持ちが深まった事を自覚したみたいですね・・
前は、隣にいられる事が嬉しかったのに。
今は、それだけじゃないもっとその先を求めようとしている自分がいる。
多分、シャナさんも同じ。

成長しましたね吉田君!と
つい・・・大人ぶった感慨も持ってしまった訳ですが
そこが良かった部分でもありました。
そして悠二君のご両親のお話も。

悩む事も大事だけれど、それ以上を気持ちが求めるなら
手を伸ばしてみなさい、ですか。
含蓄、ありますね(*^-^)♪
そうそう、アレコレと悩んで行動して、そしてまた悩んで。
青い春の内はソレで良いのですよ。

頑張れ、少年少女たち。
スポンサーサイト

Re comments.

Comment form.

  管理者にだけ表示を許可する 
  注意 名前、タイトル、本文を入力する事で投稿可能になります。

Trackbacks.

灼眼のシャナII 第10話 「帰ってきた男」 2007/12/09 11:04:49 ◇ れ~な♪の日記
灼眼のシャナII 第10話 「帰ってきた男」 見ました。 悠二が作った封絶に銀色の炎。 銀はマージョリーが追いかけている徒の炎の色だよね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。