スポンサーサイト 
-- -- --
-- --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Myself yourself 13話(最終話)「きずな」 
2007 12 26
Wed 04:49:39
Myself yourself 13話(最終話)です。

主観的あらすじ

あることがきっかけで、欠落していた
火事の夜の記憶を取り戻した菜々香。
過去の自分に起きた出来事を受け入れられず、
思いつめる菜々香に佐菜は優しく寄り添おうとするのだが……。

物語の印象点

・私は多分・・・もう一人のあなた。

30分視聴した素直な感想としては、
アニメ版の菜々香さんと佐菜君・・似たもの同士なのだなと。
アニメ版の場合、ゲーム版の個別エピソードを上手に取り入れ
さらにオリジナルの物語を展開させていた事が
ワタシ自身ゲーム版をプレイして感じられたわけですが、
まず最初に感じたのは、そういうことでした。

あの赤い古ポストに投函された手紙。
ビンタからの、心の叫びは多分・・
最終回を見た今なら、佐菜君の心の叫びなんじゃないかとも
取れるんですよね(*^-^)♪

昔の頃の菜々香を(佐菜を)もう一度見つける事が出来たら、きっと・・・
そんなふうに。

・心に深く刻まれた傷跡

ビンタさんのトラウマ、アニメ版では相当根の深いものに。
ゲーム版で朱里シナリオ、こなしている方でアニメ版も見ている人が
いたとしたら、何となくこの辺だぶる部分を感じたんじゃないかと
思います。

もちろんキャラもシチュエーションも違う訳ですが、
唯一ついえるのは・・人を好きになる、なってしまったと言うことは
奇麗事だけじゃない、と言うことを言いたいのかなと感じた部分も
あって。
もちろん物語はスタッフさんの手になるものですし
解釈は視聴者それぞれのものなんですけども、ワタシには
そう思えて。

かつて菜々香さんママ、パパさん、そしてロリビンタの
バイオリンの先生は、ビンタ両親の親友でもありました。
と同時に・・・ママさんには恋心を持っていた人でもあり。
そして、結婚を前に一人の娘をお腹に宿す事になったのが
惨劇の入り口でした。

そう、菜々香さんの実父はバイオリンの先生、香さんだったんですよ。
もちろん結婚前、どちらの子かなんてのはママさんにも
分からなかった訳で(苦笑)
とは言うものの、問題はそこではなく。

未練を残したままパパさんと結ばれ、ビンタを産み
彼のバイオリンの才能を受け継がせるべく実父に
バイオリンを教えてもらっていた。
そういうこと、なんでしょう。
恋心の歪んだ何とかと言えばまあそれもありですが、
そういうんじゃないと思うんですよね。
それだけ想いも深かった、と言うのか。
一言で切り捨てれば、女のエゴとでも言うんでしょうけれども(苦笑)

そして、裏切られた男が選んだ道は一つ。
それでも男は女を愛していたから。
生きてその愛を勝ち得ないなら、いっそその身を共に焼き尽くそう・・・
あれは、パパさんの仕業だったのですね・・・・

自身の出生の秘密を知り、さらにその末期を目の前で
見せ付けられたビンタさん。
それでも必死に守ろうとしたものは2つ。
佐菜君に貰った、あの髪留めと・・・再会を約束したあのバイオリンを。
ただそれだけを手に、燃える家から飛び出してきたのでした・・

って、ここまでまとめただけでも相当重いんですけど。・゚・(ノД`)・゚・。
ただ、これで納得できた部分も多かったですね・・・
多感な時期に、その心を塗りつぶすような多くの出来事。
記憶を封じ、笑顔が消える理由も頷けるような気がしましたね・・・

・流れる墨汁は、黒く塗りつぶした過去があふれ出したのか。

そのままの流れで、物語は後半に。

ここでは、佐菜君のトラウマの告白も。
事前に多くの視聴者が予測していた通り、リストカットの痕を
隠す為のものでした。

理由は心無いいじめに耐えかねたこと。
結局一命をとりとめ、心と体に傷を負った彼は
昔の変わらぬ友達を、あの心象風景を求め再びここに
戻ってきた訳で。

そうした背景を抱え、自分のことで手一杯だった故に
傷つく菜々香さんの想いにまで気が回らなかったと。
塞ぎこむ彼女を何度も見舞う彼の場面は、そうしたオーバーラップも
感じさせてくれましたね・・・
かつてビンタさんも、同じ想いを抱えて、ポストに手紙を
何通も何通も投げ入れたんでしょう。
いつかきっと・・・届くと信じて。

けれど・・・届かなかった。
なら、ワタシは(ボクは・・)

風呂場に溢れる墨汁。
ぐったりとした菜々香さん。
救い出したのは、今度こそ約束を守りきった佐菜君。

「約束するから・・僕が菜々香のそばにずっといるから・・・」

・いきなり10年後ですかwww

って話がかなり超展開に持っていかれた終盤

雛子は10年たっても【00】だけは成長しなかったみたいでw
って、隣にいた彼氏君・・・・髪の色??
ま、まさか、ね・・・・それはいくらなんでもタブーだぜマコティーP(爆笑)
もし、そんな裏設定があったとしたらですけどねw

あさみさんはその後、自然公園を朱里の代わりに守りきったと。
麻緒衣さんは・・・10年たっても衰えない【00】を見せ付けてくれますし。
朱里と修輔はと言えば・・・
固くつながれた手と手。
その手首に結ばれたミサンガ。
後姿だけの登場ですが、きっとそういうことなんでしょう(*^-^)♪

キャラメル先生は10年経過しても・・・シトリ(独身)、なんですかw
アニメでは空気君のまま終わってしまうんですか先生は(爆笑)

そして、佐菜君と菜々香さんはようやく・・15年の月日を経て、
あのときのもう1つの約束を果たし終えるのでした。

そう、帰ってくるまでに完成させると菜々香さんが約束した
あの曲を。

Myself;yourselfと言う曲を。

総評

物語そのものですが、全体的にそう軸もぶれておらず
収束に必要な伏線は全て回収して物語を締めくくった
感じでした(*^-^)♪

もう1つの本編とも言うべきゲーム版との良いリンク部分も
ありましたし、互いに干渉する部分も散見できましたし
アニメからゲーム、ゲームからアニメに入る人も
比較的スンナリ入り込める物語ではなかったかと感じます。
良作か、と言うと最後の最後のマトメ具合・・・
いささか強引な感じも否めないのは確かでした。
ただ、消化作品でもなかったのは確かです。

私的な気持ちを含めて言うなら良作でした。
現在プレイ中のゲーム版、さらに楽しめますし^^
もうひとつの、アナザーストーリーとして。

1クールと言う短いスパンでの物語でしたけれど
話題性もあり、ゲーム本編が発売当日なかなか入手しにくかった
現状も踏まえると、良作と言うより話題作だったのかもしれないですね^^

スタッフのみなさま、本当にお疲れ様でした。
そしてプロデューサーさんがあの【スクールで伊豆】の
人ですし、感謝の意味を込めて最後に言うとすれば。

Nice boat.と付け加えたいですね・・^^
スポンサーサイト

Re comments.

Comment form.

  管理者にだけ表示を許可する 
  注意 名前、タイトル、本文を入力する事で投稿可能になります。

Trackbacks.

Myself;Yourself 第13話(最終回) 「きずな」 2007/12/30 13:54:29 ◇ れ~な♪の日記
Myself;Yourself 第13話(最終回) 「きずな」 見ました 最初に謝らないといけません。 ゴメンナサイ。神主さん。 あたしは、あなたが犯人だと思っていました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。