スポンサーサイト 
-- -- --
-- --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Fate/staynight 第14話『理想の果て』 
2006 04 10
Mon 02:59:16
Fate/staynight 第14話です^^


今回は、アーチャーVSバーサーカーのお話がメインでした。
また、バーサーカーのファイナルベントが判明、
さらに、アーチャーの特殊能力、
と言うか宝具が判明した感じの回にして、
凛姫の聖杯戦争脱落が確定した話でもありました。


さて、まとめ感想に。


・士郎救出隊、アインツベルン城に到着


強力なサーヴァントを従えるイリヤのお城に辿りついた3人。
戦闘を避け、士郎を救出し脱出を図るのが作戦でしたが・・・
今回はイリヤが1枚上手でした。
しかも、おもてなしが『ヘラクレス』
これは厳しい脱出劇になりそうです。


・アーチャーの不思議


初見であるはずのイリヤの名を知っている事。
『相変わらず』と言った事。
凛の宝石を持っていたこと。


符号がつながりました。
ナルホド、13話で感じた事は間違いではなかったと。


・多分、間違いだらけの耳コピ版アーチャーの呪文?


I am the bone of my sword.
(我が)体は剣で出来ている。
Steel is my body,
and fire is my blood.
体を構成するのは鉄にして、
血は(鉄を鍛える)炎である。
I have created over a thousand blades.
我は千を越える剣を作り続けた。
Withstood pain to create weapons,
武器を作る苦痛に耐え、
Unknown to Death,
(我の体は剣で出来ている故に)死を知る事無く、
Nor known to Life.
またその一生にも意味は無し。
Unlimited Blade Works.
(それはただ)無限の剣製?(のごとし)


何度か聞きなおし、
耳コピから直訳を試みました^^;



*追記*
苗neさん、オノッチさんから
正確な呪文を頂いたので、載せておきます。
本当にアリガトウございます!!


・原作で共通する呪文


I am the bone of my sword. 
(体は剣で出来ていた)
Steel is my body,and fire is my blood.
(血潮は鉄で、心は硝子)
I have created over a thousand blades.
(幾たびの戦場を越えて不敗)
Unknown to Death. 
(ただの一度も敗走はなく)
Nor known to Life. 
(ただの一度も理解されない)
Have withstood pain to create many weapons.
 (彼の者は常に独り 剣の丘で勝利に酔う)
Yet,those hands will never hold anything. 
(故に、生涯に意味はなく。)
So as I pray,unlimited blade works.
(体はきっと剣で出来ていた)
※ここの呪文の和訳のみ2種類あるようです。


オノッチさんから頂いた別verの呪文の場合
Have withstood pain to create many weapons.
 (担い手はここに独り、剣の丘で鉄を鍛つ)
Yet,those hands will never hold anything. 
(ならば我が生涯に意味は不要ず)
So as I pray,unlimited blade works.
(この体は"無限の剣で出来ていた”)


耳コピ版直訳(完成形)
あらすじ感想まとめ中に最後のヒアリングを行いました^^


『I am the bone of my sword. 
Steel is my body,and fire is my blood.
I have created over a thousand blades.
Unknown to Death. 
Nor known to Life.
Have withstood pain to create many weapons.
Yet,those hands will never hold anything. 
So as I pray,unlimited blade works.』
間違いなく、アニメでもこれらの呪文は述べています。


元の耳コピ版で抜けていたのは
『Have』と
『Yet,those hands will never hold anything.』
『So as I pray』だけでした^^;


ちなみにこちらが直訳です。


我が体は剣で出来ている。
鉄は我が体、(鉄を鍛える)火は我が血。
我は千を越える剣を作り続けたが、
(我は剣ゆえに)死を知らず、
またその一生を知られる事も無し。
剣を作る苦痛に耐えるも、
その手は決して何ものをも掴む事かなわず。
故に我は祈る、無限に剣を作る事(のみ)を。


・ヘラクレスのファイナルベント判明(多分)!


やはり特殊能力でした。
『十二の難業』をクリアしたのがヘラクレス。
ゼウスの妃ヘラの乳を吸って『不死身』になったのもヘラクレス。
これは神話です。


お話中に『5回もやられるなんて』とあったこと、
アーチャーが『2つはもらっていく』と言った事を組み合わせると
彼は・・・『蘇生』能力を備えていそうですね^^
それも12回分。
もし本当なら、かなりインチキ能力なんですけれど(笑)

ついでに言えば、ヘラクレスの主な武器は神話だと『弓』。
と言う事で、彼の宝具は『ボディ』なんでしょう、きっと^^;


・アーチャーの能力


『コピーベント』
これはインチキ能力でしょう。
いくらでも剣を『投影』可能ってのは^^
投影=複製と言う解釈で間違いなければ、ですが。
しかも、破壊力もありますし。
そういえば、弓で剣を矢のように飛ばしていましたが、
あの矢にした剣って、モシヤ『カラドボルグ』かな?
聖剣伝承では、エクスカリバーの『元ネタ剣』の1つでもありますが・・・
(アルスター神話伝承を元にした場合)
ま、いいや^^;


・アーチャーの遺言


彼は士郎に言います。
『お前は戦うものではなく、生み出すもの』
『出来る事は1つ。それを極めてみろ』
『イメージするのは最強の自分』


彼の言葉通りだとすると・・・
イメージしたものを具現化できる力が、
士郎のファイナルベントになりそうですね。
しかも、イメージの強固さが、
具現化するモノの強さに比例すると。


・令呪を失う凛


アーチャーをバーサーカーにぶつけ、脱出を図る3人。
結果、サーヴァントを失い、また令呪をも失う凛。
誰かを生かす為に、自らを犠牲にする姿勢は、
士郎とは方法が違いますが、
本質的には良く似ているな、と言う感じがしました。


・Unlimited Blade Works?
(無限の剣製?)


イリヤが言う『固有結界』の事でしょうか。
つまり、アーチャーの心象風景って事ですかね?
剣が突き立った世界。
ここから彼は、いくらでも剣を取り出せるのでしょうか。


・アーチャー、バーサーカーのデッキ修正


アーチャー
・コピーベント:武器をいくらでも複製可能
・サバイブ:結界発動(武器のデパート)
・ファイナルベント1『宝具』射出


バーサーカー
ファイナルベント『リバイブ』12回分の蘇生能力?


次回は、対バーサーカー戦に決着が付きそうですね。
セイバー無しの現状では、かなり厳しそうですが、
この絶対的な窮地をどう凌ぐのでしょうか?


長文あらすじ感想はこちらから。
興味のある方は『続きを読む』をクリックして下さい。



さて、本編に。

前回アインツベルン城に囚われた士郎。


何とか戒めを解き、脱出を図ろうとするのですが・・・
『もう少し・・・』
『早くセイバー達に知らせないと!』
解ける戒め。
ドアを開け、廊下の様子を窺う士郎。
迫る足音に気付き、
『ち、こんな時に"見回り"かよ(`皿´)』
ドアの脇に身を寄せ、鉄棒を手に取り
様子を窺います。
やがて足音が近づき・・・
”ばん!!”
『動くな(`Д´)=〇)゜З゜)≡※』
飛び込んできたのは、セイバーでした。
『セイバー!?』
『シロウ!?』
どうしてココに?
『それは私の台詞です(-_-#)』
さらに、別の人間の声が。
『これなら私達が出向くまでもなかったかしら( ̄ー ̄)』
凛とアーチャーでした。
『シロウがイリヤスフィールに拉致されたと聞いたので・・・』
説明を行うセイバー。
しかし、額には脂汗がにじんでいて・・
『ま、”一応”協力関係にあるわけだしね。』
なんとも、らしい物言いですね、凛姫^^
『だから言ったろう、エミヤシロウなど放っておけと』
アーチャー、ヒッドイの^^


洋館からの脱出を図る4人。
途中、セイバーが『 ○| ̄|_ 』状態に。
心配げに声をかける士郎。
『・・・大丈夫です』
『は、恥ずかしい限りですが、シロウの楯になるくらいは出来ます。』
そこまでして、シロウを守ろうとするセイバー。
良く似てますね、二人とも。
自分の事は顧みず、人の為にだけ生きると言う点は。
肩を貸す、と申し出る士郎に拒絶の言葉を返すセイバー。
『助けようと言う気など起こさぬ事だな』
アーチャーでした。
『しょせん、お前には何も出来ない』
反発を感じる士郎ですが、
それもまた事実だけに言い返すことも出来ず・・・

何とかセイバーを連れ、正面玄関まで辿りついた4人。
『ここって、正面入り口だろヾ(^-^;)』
そうよ、と答える凛。
『相手が留守にしてるんだったら、最短距離を通った方がいいでしょ』
ソリャ、ゴモットモ^^


そこへ背後からお声掛りが。
『なぁんだ、もう帰っちゃうの(*^-^)』
せっかく来たのに残念ね。
『イリヤ・・・スフィール・・・』
『こんばんわ。貴女の方から来てくれて嬉しいわ、リン。』
シバシの沈黙。
イリヤは勝ち誇った様子で言います。
『時間をあげてるんだから、遺言くらい残したら?』
呼応し、駆け引きを始める凛。
『ずっと隠れてたの?』
そうよ。私はずっとココで貴方達の道化振りを見ていたの。
それに・・・
『私はこの城の主なんだから、おもてなしをしないとね(*^-^)』
現れるバーサーカー。
何か、トンデモナイ『おもてなし』なんですけど。


『それじゃ始めよっか。』
変わらぬ口調でイリヤが告げます。
『誓うわ。今日は一人も逃がさない。』
ヒドイ宣告ですね・・・
セイバーが士郎に告げます。
『シロウ、ここは私が(○・`ω´・)』
イヤ、セイバーさん・・・貴女じゃ『今』は無理デスッテ^^;
凛がアーチャーに告げます。
『少しでいいわ、一人でアイツの足止めをして。』
『私達は・・・その隙に逃げる。』
余りにも冷静すぎる判断。
確かにこの場合、それが最上の策なんでしょうが・・・


当のアーチャーも同じ考えだったみたいです。
『賢明な判断だ。リンが逃げてくれれば、私も逃げられる。』
それに、単独行動は、弓兵の得意分野だからな。
まるで簡単に出来るかのようにいってのけるアーチャーの口ぶりに、
イリヤは少しムッとしたみたいで・・・
『そんな誰とも知れぬサーヴァントで止められると思っているの?』
いや、イリヤさん・・・
それは貴女が間違っているのではないでしょうか。
『正体=弱点がばれる』と言う意味においては、
正体不明のサーヴァントの方が、
より優位なのは確かだと思いますが・・・。
実際に勝てるかどうかは別として。


さらに、アーチャーは相手の神経を逆撫でする事を言います。
『1つ確認するが、別にアレを倒してもかまわんのだろう?』
これには凛も毒気を抜かれたようです。
『え、ええ。遠慮はいらないわ!』
では、期待に応えるとしよう。
そういい、バーサーカーと対峙するアーチャー。
イリヤは完全におかんむりみたいで・・・
『いいわバーサーカー。そいつバラバラにしちゃいなさい!!』
コレじゃ駄々っ子ですって(笑)
シャレにならない駄々ではありますが^^;


しかし、士郎はそのやりとりに納得できる訳がありません。
でも、今の彼に出来る事があるわけでもなく。
『シロウ、(今は)それしか手がありません』
セイバーの説得もあり、何とか洋館から出る事には成功するのでした。


そして、今回のお話のメイン、
アーチャーVSバーサーカーへ。
アーチャーは、士郎にこういい残します。


『エミヤシロウ』
『いいか、お前は戦うものではなく、生み出すものにすぎない』
『その1つを極めてみろ』
『余計な事は考えるな』
『イメージするのは常に最強の自分だ』
『忘れるな、外敵などいらぬ。』
『戦う敵は、常に自身のイメージのみ』


それだけを言い残し、手にした夫婦剣の片割れを天井に投げ付け、
士郎と自分との間を分かちます。
※あの双剣に陰陽のマークがあったことから
名付けさせてもらいました^^
夫婦は陰陽の存在とも言いますし、ね^^;


森の中を走る3人。
『どっちだ!』
『こっち!』
凛を先頭に、ひた走る3人。
無事に逃げ切れると良いのですが・・・


その頃、洋館。
暴風のような、バーサーカーの剣を避わすアーチャー。
しかし・・・
『完全に避わしてコレか。』
剣風だけでもその身を切り裂く圧力。
改めて、ヘラクレスと言う英霊の、
さらにバーサーカーである事の意味を思い知るアーチャー。
『よっわーい(^◇^)』
イリヤの呆れた声が響きます。
(宝具を)見せる間もなく壊れちゃうの?
そんな宝具で戦いを挑むなんて。
しかし、この時の彼女はまだ知りませんでした。
この後、如何にそのバーサーカーが苦戦を強いられたかを。


『噂にたがわぬ、といったところか( ̄+ー ̄)フフフ』
笑うディ○ッカ。
『笑ってる・・・』
おもむろに2階に飛び上がり、
何やら呪文を唱え始めるディ○ッカ。
『I am the bone of my sword・・・』
(体は剣で出来ている)
手には稲妻に見える剣が。
あれ?この剣ってモシヤ・・・
『カラドボルグ』?
※硬い(Calad)稲妻(Bolg)という意味があります。
あの形状が稲妻に見えたからですね^^
やおらその剣を光の矢に替え、弓をつがえ、
追ってきたバーサーカーに放ちますが・・・


『今の音・・・』
アーチャーか?
『恐らく、アーチャーが。』
行くわよ、とその会話を遮る凛。
『私達は、絶対に逃げ切らなきゃいけないの(〃*`Д´)』
悲壮な決意を固める凛。
確かに、一番辛いのは凛でしょうね・・・


閃光が、洋館を貫き・・・
『バーサーカーが、防御の姿勢をとるなんて』
驚くイリヤ。
さらに、疑念の言葉を口にします。
『まさか、宝具を投影して?』
また、アーチャーも今の一撃で仕留められなかった事が
少々意外だったみたいです。
『並のサーヴァントなら即死だが・・・』
それって、つまり・・・
ヘラクレスの神秘が、ディ○ッカの神秘を
上回っていたという事ですかね^^
逆を言えば、大抵の神秘を打ち砕けるものを射出可能と言う事ですね。
あの技は^^


やおら舞台を屋外に移すアーチャーと、
ソレを追うバーサーカー。
第二ラウンドの開始みたいです。
『巨体の割りに良く動く・・・』
バーサーカーは、身のこなしも俊敏みたいですね・・・
しかし、先ほど開いた穴に落ちてしまうあたり、
少々ドジな部分もあるみたいですが^^
その隙を見逃さなかったアーチャーは、
再び夫婦剣を取り出しながら、呪文を唱えます。


『Steel is my body,and fire is my blood.』
(血潮は鉄で 心は硝子)
手にした二振りの剣を投げ付け、
さらにもう1回夫婦剣を呼びだすアーチャー。
その間も、呪文は続きます。


『I have created over a thousand blades.』
(幾たびの戦場を越えて不敗)
バーサーカーの周囲を飛び交う4つの剣。
そして、モウイチド現れる剣。
今度は形状が変化していきます。


『Unknown to Death. 』
(ただの一度も敗走はなく)
『Nor known to Life. 』
(ただの一度も理解されない)
『チカラ、ヤマヲヌキ、ツルギミズヲワカツ!』
振り下ろされる剣。
それは正確にバーサーカーの体を切り下げたのですが・・・
『ぐ・・・』
逆に、窮地に陥ったのは仕掛けたアーチャーの方でした。
すでに敗北を悟ったのでしょうか、
悟った表情を見せるアーチャー。
脳裏には、シロウの顔や、凛との出会いがよぎり・・・


森の中。
『・・・っ!』
令呪の痛みを堪える凛。
『まだよ、アイツは、まだ頑張ってる!』
だから、私達も。


床に叩きつけられるアーチャー。
『これで少しは後悔してくれたかしら?』
嘲るイリヤ。
『・・・振り払ったつもりだったんだがな。』
意味不明の言葉をつぶやくアーチャー。
『笑ってる?』
イリヤも何か薄ら寒いものを感じたようで、
『油断なくためらいなく、ころされる前にころしなさい!』
怯えにも似た命令を下します。
そんなイリヤに、優しげな言葉をかけるアーチャー。
『相変わらず、容赦が無いな、イリヤ。』
あれ?
彼とイリヤは初見のはずでは?
それに、『イリヤ』と呼ぶのは『士郎』だけのはず。
ナンデ?
???
ははーん^^
ソウイウコト、ですね(納得)


『こちらの敗北は動かんが・・・』
終わらせるのは手間だぞ。
『せいぜい手を抜け。その間に・・・』
あと”2つ”は貰っていく!
バーサーカーが手抜きをしていたということですかね。


当たり前のように、手には夫婦剣が。
その剣を階上の蜀台に投げ付け、視界を奪うアーチャー。
しかし、それも時間稼ぎにしかならなかったようです。
残酷な月明かりが、アーチャーの居場所を照らし・・・
『どうやら月の女神の加護はもらえなかったようね』


アーチャーは呪文を唱えていました。
どうやら、そのための時間稼ぎだったようです。
『Have withstood pain to create many weapons.』
(彼の者は常に独り 剣の丘で勝利に酔う)
または
(担い手はここに独り 剣の丘で鉄を鍛つ)


思い出すのは、ビルから外へ飛び出した時の凛の姿。


『Yet,those hands will never hold anything.』
(故に、生涯に意味はなく。)
または
(ならば我が生涯に意味は不要ず)
シロウと初めて会話したあの日の夜。


『So as I pray,unlimited blade works.』
(その体はきっと剣で出来ていた。)
または
(この体は"無限の剣で出来ていた”)


詠唱が終わると同時に、炎を吹き上げる床。
周囲の景色が一変して行き・・・
背景には歯車。
地面には、無数の剣と炎。
『固有・・・結界?』
イリヤが意味深な言葉をつぶやきます。
アーチャーの『理想の果て』はこれだったのでしょうか。
ただ剣を練成し、その剣を振るうだけの世界。
そこには、剣を振るう担い手が一人いればよい。
自分ではない誰かを助けるだけの自分に相応しい世界。
ソウイウコトなんですかね?


『御覧の通り、お前が挑むのは無数の剣だ。』
『剣戟の極地、恐れることなく掛かって来い!』
それがアーチャーの最後、でした。


凛の令呪が消えていきます。
それは同時に、凛の聖杯戦争脱落を意味するものでもありました。


『・・・イリヤスフィールがすぐ追ってくるわ。』
これで殺されるような事があったら、絶対に(貴方達を)許さないんだから。
気丈な凛姫。
今回の裏ハイライトですね、コレハ。


その頃、洋館。
『アイツ・・・一体何なの?』
串刺しにされているバーサーカー。
『5回よ、5回も殺られるなんて』
その怒りをバーサーカーに向けるイリヤ。
『早く傷を治しなさい!』
アイツラを早く殺しに行くのよ!


大体こんな感じでした^^
スポンサーサイト

Re comments.

Comment form.

  管理者にだけ表示を許可する 
  注意 名前、タイトル、本文を入力する事で投稿可能になります。

Trackbacks.

Fate/stay night 14話「理想の果て」 2006/04/10 04:49:54 ◇ Through the Gates of the Silver Key
ついに復帰したアーチャーの戦闘シーンが満載。バーサーカーとのその身を削るような戦い。そしてついに、彼だけの世界が現れる。―無限の剣製―無限の荒野の無数の剣、そして彼は最後の戦いへと挑む。
Fate/stay night 第14話「理想の果て」 2006/04/10 07:02:05 ◇ A-MIX
漢(おとこ)アーチャーが見せてくれました!桜の季節にふさわしく、散り際の潔さとかっこよさを引き連れて「最強のサーヴァント」と切り結びます。真名がわからないサーヴァント・アーチャーのラストバトル、堪能いたしましょう。
Fate/stay night 第14話「理想の果て」 2006/04/10 09:34:01 ◇ 初音島情報局
Fate/stay night 第14話「理想の果て」アーチャー漢だよアーチャーまさかアーチャーがやられるなんて・・・今週はアーチャーがものすっごいかっこよかった。アーチャーも最後の
Fate/stay night 14話 2006/04/10 12:21:58 ◇ Todasoft Blog
14話「理想の果て」 語り部アーチャー大活躍の回。しかし、最後には悲しい結末が...
Fate/stay night第14話 「理想の果て」 2006/04/10 12:40:10 ◇ 楽園のアカンデツァ
今回14話は語らずにいられない!!一番いままでで見ごたえがあったwという14話。アーチャーがぁ~(ノ_-。)EDも変わり来週から新OPらしいw   男は背中でこう語る。「私の体は剣でできている」 ※続きはネタバレ注意※
Fate/stay night♯14「理想の果て」。 2006/04/10 12:50:11 ◇ ひなたぼっこ。
今回は、アーチャーが大活躍でした☆・・・・ってか、格好良過ぎます!!!前半パートセイバー・凛・アーチャーは、イリヤが城から出かける姿を確認し、城内へ侵入する。...
Fate/stay night 14話 「理想の果て」 2006/04/10 15:32:25 ◇ 星屑の記憶R ~アニメとゲームを語るブログ~
今日のメインはアーチャーVSバーサーカーです。戦闘メインの話としては間違いなくトップクラスの出来です。アニメ版Fateのエピソードの中でも上位にはいること間違い無しのクオリテ
Fate/stay night 第14話「理想の果て」 2006/04/10 16:16:19 ◇ ぷらすまいなす研究所 ~in the azure~
特殊EDとかマジ犯則すぎ。・゚・(ノД`)・゚・。アーチャーの消滅とタイミングよくかかった特殊ED、そして最後に残された宝石のカット。まさかFateで泣かされそうになるとは思いませんでした・・・。つ~か、アーチャー退場するの早すぎだ!(笑)Fate/Stay night DV...
『Fate/stay night』 セイバー 2006/04/10 18:03:29 ◇ ゆったりイラスト空間
『Fate/stay night』のセイバーです。鎧姿、ドレス姿、私服姿・・・どのコスチュームのセイバーを描こうかとても迷ったのですが、エクスカリバーも描きたい!!・
Fate/stay night 第14話 2006/04/10 21:46:52 ◇ パズライズ日記
洋館内で士郎を発見し脱出を図るもイリヤに見抜かれていた一行。凛は足止めのためにアーチャーを残して逃げる苦肉の策をとり、アーチャーは奮戦するも散ってしまう・・・、という話。アーチャーが格好よすぎで、今までで一番面白かった回でした。士郎は地力で拘束を....
Fate感想:理想の果て  2006/04/10 21:57:58 ◇ あ~あ、やっちゃった。
アーチャー逝っちゃった。そして、Unlimited Blade Works!!ラストの固有結界発動のとことかそのあたりのセリフとかめちゃくちゃかっこよかったです。士郎に対しては、いいセリフ言
Fate/stay night 第14話「理想の果て」 2006/04/10 22:18:14 ◇ ねこにこばん
もうあの背中に会えない.
Fate/stay night 第14話 2006/04/10 22:38:53 ◇ King Of ヘタレ日記
■Fate/stay night■
Fate/stay night 第14話 「理想の果て」 2006/04/10 22:40:01 ◇ ミルクレモンティー
 うわぁぁぁぁぁぁぁーーーー!!! アーチャーがぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!  ディアッカ「一応出て行って、瞬殺されてくる?」   イザーク「バカモノ!そんな根性なら最初から出るなぁ!」 ディアッカ「いや・・・だってなぁ」 な...
Fate/stay night 14話「理想の果て」 2006/04/10 22:47:13 ◇ 二千万パワーズ
アーチャー・・・・(;´Д⊂) あんた最高の漢だよ!
Fate/stay night 「理想の果て」 2006/04/10 23:49:33 ◇ ゼロから
これでアーチャーは、見納めでしょうか。アーチャー、グレイト!
Fate/stay night 14話 アーチャー祭りっす♪ 2006/04/10 23:57:37 ◇ Purity White
アーチャー・・Orz もう一人の○○○なのに・・・。そんな馬鹿な、人気投票3位をキープした彼が何故・・。これ涙せずに見てられません。うわああ~~。゜(゜´Д`゜)゜。~~ん、アーチャー戻って来て、カムバック!!!アーチャーのいないFateなんてFateじゃないですよ
Fate/stay night (#14) 2006/04/11 00:13:07 ◇ Hes:TEAR
「理想の果て」 アーチャーvsバーサーカー。 ここまで見てきて、原作未プレイなせいかマスターとサーヴァントの連動する魔力のレベルがイマイチ理解できていないのですが、凛とアーチャーはどのくらいの強さだったんでしょうか。 バーサーカーが最強と謳われている事を百
Fate/stay night 第14話「理想の果て」 2006/04/11 01:13:34 ◇ 蒼天にかかる橋
アーチャー!!格好良すぎる!!対バーサーカーに燃え!!最期のシーンからEDに入る演出なんか、、、もうあの特殊EDは良かったよ~~。アーチャーが格好良すぎ!!
Fate/stay night 第14話 「理想の果て」感想~ 2006/04/11 01:32:46 ◇ アニメanimeANIME中心
とうとうアーチャーの最大の活躍の場がやってきた!Fateの第14話です!!
Fate/staynight第14話理想の果て 2006/04/11 07:42:04 ◇ 翔太FACTORY
「Fate/staynight第14話理想の果てはパソコンゲームで見れなかった冬の城でのアーチャーvsバーサーカーの戦いッ!!」「アーチャー最後の見せ場」「イリヤが可愛かったよな。殺戮モード悪魔ッ子も…」「ロリコンは黙りなさいッ」「ハウっ」「今回のメインはアーチャーvsバ..
Fate/stay night 第14話「理想の果て」 2006/04/11 09:22:44 ◇ 空の空
「理想の果て」の「理想」はアーチャーのものなのだろうか?だとしたら彼の理想は果たしてなんだったんだろうか?その答えはわからないのだろうか・・・ここまでで一番最高な話でした。最後まで背中で語った男アーチャーに合掌。                    
Fate/stay night 第14話 「「理想の果て」」 2006/04/11 10:46:13 ◇ Blu Luna
STORYイリヤに拉致された士郎を助け出す為に、凛とサーヴァントのアーチャー・セイバーは、山奥の古い洋館に向かう。一方、捕らわれの身となった士郎も自らロープを解き、脱出しよう
Fate/stay night 「理想の果て」 2006/04/11 10:51:48 ◇ 自由で気ままに ~L'ala di libert&agravei~
イリヤ城に軟禁された士郎は脱出することができるのか俺だったらずっと軟禁されたままで問題ないけど
Fate/stay night 第14話 『理想の果て』 2006/04/11 13:39:05 ◇ INFINITE-COSMOS~Eternal~
~アニメ Fate/stay night 第14話 『理想の果て』 について~【 士郎 & セイバー と 凛 & アーチャー ~脱出~ 】魔術を体に迸らせて、何とかして縄を解ほどくことに成功した士郎は、脱出しようと試み、部屋のドアを開け、周囲を見渡した。調べた所、見回...
Fate/stay night 第14話 2006/04/11 16:31:08 ◇ Mugi_Sta 2
4/09 tvk 25:30-セイバーは自分より士郎の方を優先して考えるそのことを士郎はどう思っているんでしょうね?そういうセイバーの思いが士郎にセイバーを1人の女性として見させている要因に荷担しているのかもしれません何とかロープをはずし、凛達と合流...
うぃ~・・・。 2006/04/11 17:02:18 ◇ Spiral Magic ~螺旋の魔法~
はい、本日2度目の梅助です。感動しました。アーチャーに。Fate/stay night 第14話「理想の果て」アーチャー一人残った後の戦いが良かったです。あの英語の呪文を唱えてる姿はかっこよかったなぁ。何度も、干将・莫耶を投影しなが....
(キャプ感想) Fate/stay night-フェイト/ステイナイト-第14話「理想の果て」 2006/04/11 17:22:32 ◇ 萌え喫茶
            「別にアレを倒してしまっても構わんのだろう?」 アーチャーー!!・゚・(ノ□`)・゚・名台詞キタコレー!やはり、運命は変えられなかったですが…もう、今回はアー....
Fate/stay night-フェイト/ステイナイト-第14話「理想の果て」(アニメ感想) 2006/04/11 17:25:46 ◇ 電脳羅針盤
アーチャーの見事な最後に全米が泣いた・゚・(ノ□`)・゚・セイバールートなんで完全に諦めていたのですが、干将・莫耶による投擲。ガラドボルグ?を矢の用途で使用、更には、固有結界「無限の剣製-アンリミテッドブレイドワークス-」精一杯の大判振る舞いじゃないですか!う
Fate/stay night 第14話 「理想の果て」感想 2006/04/11 18:09:27 ◇ nekoyama01-blog
早速イリヤ嬢登場なのですよ。しかし、このシーンでオルゴールのBGMが使われるとは思わなかった(汗)あ~、別のシーンで聞きたかった。なぜ、セイバールートの方向にアニメは向かっているのだろう(涙)凛ルートのが人気があるはずなのに…。相変わらず余裕綽々なイリヤ
Fate/Stay night 第14話「理想の果て」 2006/04/11 18:56:09 ◇ 自堕落高校生日記
こんな大事な話にキャプチャが使えないorzそれはおいといて1話丸まるアーチャー祭さすがFateで一番人気のある男キャラ(人気投票で連続3位!!!)原作プレイ、未プレイ関わらず男を魅せてくれましたでも結局正体わかった人は少ないようですよ旦那
Fate/stay night 第14話 2006/04/11 19:05:15 ◇ 世界のどこかでアホ毛と叫ぶ
今回はサブタイからしてアーチャーの独壇場感想の方もアーチャー祭りとなっておりますw原作好きな連中は狂喜乱舞してそうだアーチャーの正体についてネタバレしてる可能性アリなので注意してくださいw戦闘までは巻きで行こうw風雲イリヤ城の前まで来た....
Fate/stay night 第十四話 2006/04/11 20:39:26 ◇ 暇潰し日記
ついにアーチャーの見せ場が来ました!初めての見せ場が見納めになってしまったわけですが・・・やっぱりセイバールートより凛ルートの方がよかったなぁ・・・なんて心から思わされてしまいます。エクスカリバー発動よりも燃え燃え。しかしあれはあくまでエミ....
Fate/stay night第14話 2006/04/12 02:20:44 ◇ Aのアニメレビュー
Fate/stay night 第14話「理想の果て」久しぶりにFateの感想まぁ今まで説明アニメだったから原作プレイしている僕としては感想の書きようがあまりなかったわけですが今回は割りとよかったんでわないでしょうか?でもどうでしょう、プレイした人にはわかって....
Fate/stay night第14話「理想の果て」 2006/04/13 22:12:52 ◇ 腐麗蝶の柩
アぁあああチャaAAAAHHA!!!!↑をクリックすると拡大表示されますメチャクチャいい回だったのに絵が汚いorzアーチャーが…カッコいい最後でした…以前の記事でも書きましたが噂を
Fate/stay night 第14話「理想の果て」 2006/04/14 00:01:04 ◇ CHEZ MOKANA
うわぁん・゜・(ノД`;)・゜・そ、そんなぁ…今回は衝撃的というか無念というか、言い表せないです。士郎のばかぁ「Fate未経験者が何も知らないまま感想を書き連ねる」第10回
Fate/stay night-フェイト/ステイナイト-第14話「理想の果て」(アニメ感想) 2006/04/14 00:45:11 ◇ すのくろブログ
アーチャーがカッコよすぎる件について。アーチャーファンは是非ゲーム版をプレイ推奨!フェイトは士郎もアーチャーも主人公の物語なのですよ~でも、こんなところでアーチャーリタイヤなんて…残り約1クール。なにを楽しみに見ればいいんだorz
(アニメ感想) Fate/Stay night 第14話 「理想の果て」 2006/04/14 15:34:42 ◇ ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
Fate/stay night 1 (初回限定版)囚われの王子と化した士郎。サーヴァントも付けないでウロウロしてればこんな事にもなるわけです。そろそろ、セイバーが愛想つかさないか心配ですが、その時は凛が喜んで貰ってくれることでしょうね。今回は、渋キャラアーチャーの活躍に....
Fate/stay night 2006/04/14 17:06:19 ◇ よねやんのアニメな徒然なる日記
第14話 「理想の果て」イリアに捕まってしまった士郎、魔術を体に迸らせて何とかして縄を解ほどくことに成功、そこに助けに来てくれたセイバーと凛そしてアーチャー達と共にアインツベルン城からの脱出を試みるがそこには…「さよなら、アーチャー私はあなたの背中は忘れな
Fate/stay night 第14話「理想の果て」 2006/04/14 22:41:44 ◇ 明善的な見方
 アーチャーの中に、漢を見た! アーチャーの勇姿を目に焼き付けよう!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。