スポンサーサイト 
-- -- --
-- --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ARIA The ORIGINATION 第3話です。

物語の印象点

・作り手として、忘れがちになりそうなこと。

3期のテーマ・・・もしかして「おもてなし」なのかな?
とも感じられた、そんな30分でした。
と同時に、モノ作りに大切な何かを思い出させてくれるような
そんな気持ちを。

マンホームから様々な建築物をここネオ・ヴェネツィアに
移築し、当時の面影を残す場所惑星AQUA。

それらの中に込められた気持ち。
観光都市、としても名高い場所だけでなく
きっとそこには・・・たくさんの「おもてなしの心」が
当たり前のように詰まっているんだろうなと思いました。

今日の出会いは、パティシエさん。
お菓子を街頭販売している訳ですが、そのやり取りの中で
子供がうっかりお菓子の入った瓶を割ってしまい・・・

「ガラス瓶ですから、危ないですよ」と
さらりと言いのけた一言に、ハッとなる部分あったんですよね。

自分が丹精込めて作ったものを、お客様へお出ししたい。
怪我を心配する気持ちは勿論大切ですが、それ以外に・・
自分の手で作り出した物への愛着、と言うか思い入れが
ちょっと無かったかな・・・と言う場面から今回はスタートでした。

灯里さんならではの心優しい一言。
「チョコがかわいそうです・・」

そう、それなんですよね(*^-^)♪
モノを作りながら、忘れてしまいがちな事って。
より良いものを目指し、技術を磨き修練を重ねて
さらに優れたものを作り出す。
それ自体は素晴らしいこと。

けれど同時に・・・うっかり忘れてしまいがちな事。
【それは何の為に?】
見てくれる人、味わってくれる人を【楽しませる】為に。
あるいは、心から喜んでいただく為に。

そういうことをいつしか忘れがちになってしまうんですよね・・・
今回の物語は、そういう部分をゆっくり、そして暖かく
教えてくれたような、そういう物語だったのでした。

もちろん、3期初の恥ずかしい台詞禁止!も
ありましたけどね(苦笑)

そして、アリスさんと藍華さんのしょうもないやりとりもw
「後輩ちゃんはお子様だから、チョコ買ってあげるわね( ̄ー ̄)」
「む・・・先輩も精神年齢は【でっかい】オコサマです!」

どっちも子供じゃないですか全く(*^-^)♪
ムキになってまあ・・・^^
スポンサーサイト

Re comments.

Comment form.

  管理者にだけ表示を許可する 
  注意 名前、タイトル、本文を入力する事で投稿可能になります。

Trackbacks.

ARIA The ORIGINATION 第3話「その こめられた想いは・・・」 2008/01/22 21:46:06 ◇ 電撃JAP
博士「儂もパシティエになって     ょぅι゛ょ達に大人気!!」 助手「超犯罪発言禁止!!!」
ARIA The ORIGINATION 第3話 「その こめられた想いは…」 2008/01/25 07:55:23 ◇ ゼロから
久しぶりのARIAです。雰囲気は、依然と同じですね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。