スポンサーサイト 
-- -- --
-- --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
PERSONA -trinity soul-第4話「くじらのはね」 
2008 02 04
Mon 03:57:18
PERSONA -trinity soul-第4話です。

主観的あらすじ

かつて両親の仕事場だった生家のアトリエで、
思い出の品を探しあてては慎に見せる洵。
日頃の愛想が良いとは言えず、どちらかといえば
天邪鬼な弟のしおらしい態度に少し戸惑い気味の慎。
亡き両親の最後の共著である絵本
『くじらのはね』を見つけ懐かしむ二人だが、
帰宅した諒と慎の兄弟喧嘩を目の当たりにした洵が、
真夜中に姿を消してしまう。

物語の印象点

・家族

諒さんがあそこまで二人を避ける理由は
事件に巻き込みたくないと言う事が一つと、
恐らく別にもう1つ理由もあるのでしょうね・・・。
そこはおいおい楽しみにするとして。

今回のメインは洵君。
1話から時折見せていた女性らしい振る舞いと声。
そのあたりの前フリが今回のメインでもありました。

そして慎君の弟想いの優しい部分も。
家族、だからなんでしょうね・・やっぱり。
洵君の頭に負った傷と、亡くなった妹のアキとの関連性も
気になる所ではありますが。

それに何だかんだで諒さんも、兄弟想いな訳ですよね(*^-^)♪
普段は邪険にしつつも、いざと言う時は探しに来てくれたりと。

くじらのはね、がペルソナ発現のキーでもあったわけですか。
赤髪の少女についてもまだまだ謎も多いですし、
次回がかなり気になるんですよね毎回(*^-^)♪

今回はテレッテ君たちもいなかったですし
こっちは今後の活躍を楽しみにするとして。

そろそろ、物語も加速してほしいですね。
スポンサーサイト

Re comments.

Comment form.

  管理者にだけ表示を許可する 
  注意 名前、タイトル、本文を入力する事で投稿可能になります。

Trackbacks.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。