スポンサーサイト 
-- -- --
-- --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ARIA The ORIGINATION 第5話です。

CLANNAD16話は17話と共に上げてしまいますね。

物語の印象点

・天から与えられる才を天才と言うのなら。

才能に【秀でた】人を、人は【秀才】と言うのでしょう。

努力の天才に敵う者無しとは言いますが、果たして
そんな人は古今東西そういるのかどうか。

なんてことは置いておくとして・・・・

今回の主役はガチャペンこと藍華さん。
30分見て思ったんですが、晃さんと藍華さん・・・
髪型がお互い入れ替わっているんですね・・・(*^-^)♪

シングル時代の晃さんはショートで、プリマの今はロン毛。
藍華さんはロン毛→アフロハプニングを経てショートに。

そんな部分にも注目してました。

灯里さんの先輩、アリシアさんは最年少でプリマに昇格した
正真正銘の天才。
対するアテナさんはと言えば、ドジ属性こそあるものの
その歌声はウンディーネでも屈指の美声。

なのに、残る3大妖精の一人晃さんには・・・
そこをもの凄く気にかけていた藍華さん。
でも、一番人間らしいというか職人気質を感じる部分も
ある人なんですよね・・実際二人とも。

しっかりしなくちゃいけないのも、面倒見が良いのも
【才能じゃないんだけどな・・・】と本人はぼやいてますが。
だからいいんじゃないですか。
足りないことを知り、足るにはどうすればいいのか。
努力し続けられる、向上心を持ち続けられる気持ちの強さも
これ、【才能】ですよね(*^-^)♪

それを教えてくれたのが、ちび藍華さん。
かつてアテナさんがプリマに昇格した時、その記念写真には
一人だけ【シングル】の晃さんが映っていて。
口惜しい訳が無い、寂しい訳がない。
まして置いていかれる・・気持ちだって無い訳じゃない。

そんな気持ちを吹き飛ばしてくれたのが・・
今、同じように惑う藍華さんだったわけで。

花壇に咲くクローバー。
そんな中に、四葉なんてないよ?と無垢な言葉をかける彼女。
でもね・・・

傍らの薔薇から花びらを1枚ちぎり、三つ葉に重ねた彼女。
「こうすれば、四葉でしょ?」
赤いのは、お姉ちゃんの心(はーと)
私、このほうが好きだな。

そうなんですよね!
こういう子供ならではの発想に気づかされる事も多くて。
とかく大人同士ではああでもないこうでもないと
塞いでしまう事も、子供には全く問題が無くて。
あっさり解決法を見つけてしまうというか。
この時の晃さんの笑顔がとても眩しかったですね・・・

とても良い御話でした(*^-^)♪
スポンサーサイト

Re comments.

Comment form.

  管理者にだけ表示を許可する 
  注意 名前、タイトル、本文を入力する事で投稿可能になります。

Trackbacks.

ARIA The ORIGINATION 第5話 「その おもいでのクローバーは・・・」 2008/02/06 23:41:31 ◇ ゼロから
衣替えで夏服になった水無灯里達。そして、アリスの達人的なオール捌き。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。