スポンサーサイト 
-- -- --
-- --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CLANNAD第20話&21話です。

お話が続きものの流れに感じたので、2話まとめて。

主観的あらすじ

学園祭に向け、練習を始める渚。
だが、彼女がやりたいという劇は、
小さい頃に渚が聞かされたというタイトルも分からない話だった。
それはとても悲しい、冬の日の幻想物語。
世界にたった一人残された女の子の話だった…

21話「学園祭にむけて」

物語の印象点

・だんご大家族(*^-^)♪

と言えば、通じる人には通じます(*^-^)♪
そういう終わり方につないできたかな、と。
そんな風に感じる21話でした。

来る学園祭に向けて、着々と準備を進めるメンバー。
と言うか・・・あの(苦笑)

無駄に諒さんとか、のとみさんの【00】を
強調したアングルは何か【意味が】あったんでしょうかw

って、そこばかりに目がいくワタシも処刑なんでしょうけれど。
それはさておき。

渚さんのもう1つの憂いについて、
最後の最後で明かされてしまうとは・・・・
予想外と言えばそうですが、ちょっと驚きでしたね。

幼い頃の自分が、どうも両親にとって何かをしてしまったらしい。
それは二人の夢を奪ってしまうほどに重く、悪い事。
けれど、自分はそれを知らない・・・。
その事が今も、どうしても引っかかってやまない。
朋也君にしても・・言えるわけないですよねそんなこと。

ホントウノコトは、全然違うのに。
夢をけして【諦めた】のではなく、【新しい幸せ】を見つけた。
ただ、それだけのことなのに・・・。
だからこんなにも愛されている、愛情を注がれている。
そこに気がついて欲しいかな、と視聴しながら感じた訳ですが、
それは届かない気持ち、ナンデスヨネ実際。

広い広い舞台の上で、リハを行う渚さん。
両親の本当の想いは、ちゃんと彼女に伝わるのか。
それとも・・・と言うのがちょっと気になりますけれどね。

・と言うのは、案外杏さんたちにも一緒かも。

杏さん・・露骨に智代さんに反応しすぎですって(*^-^)♪
大丈夫ですよ、ゲームなら貴女にも【春】はあるわけでw

フラレタからって何も露骨に反応しなくてもwww
「(岡崎の相手が)お前で良かった」とせっかく
智代さんが綺麗にまとめているってのに(*^-^)♪

気持ちは・・・・分からなくもないですけれどね(苦笑)
スポンサーサイト

Re comments.

Comment form.

  管理者にだけ表示を許可する 
  注意 名前、タイトル、本文を入力する事で投稿可能になります。

Trackbacks.

CLANNAD -クラナド- 第21話 「学園祭にむけて」 感想-来週は最終回・・・。 2008/03/14 06:37:52 ◇ 続・たてまつやんの戦闘記
もう来週最終話ですか・・・。 一人勝ちの予感ですね笑 なんだかんだ、圧倒的なパフォーマンス差だと思います。 true tearsも楽しみ...
CLANNAD 第21話 「学園祭にむけて」 2008/03/15 22:01:23 ◇ ゼロから
リアルタイムで見れたCLANNAD。演劇部の練習は、端から見れば異様ですね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。