スポンサーサイト 
-- -- --
-- --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
H2O~FOOTPRINTS IN THE SAND~第11話&最終話です。

11話「弘瀬」

主観的あらすじ

彼は神と共に歩いていた。砂浜には二人の足あとが残っている。
空がまばゆく光り、足跡に彼の人生が映し出された。
うれしかった時。楽しかった時、幸せだった時……
二つの足跡にそれらが映し出された。
しかし、彼がどうしようもなく、辛かった時。
悲しすぎて泣き出してしまった時。 
苦しすぎて耐えられなかった時。 
それらを映す時、足跡は一つしかなかった。

物語の印象点

・ただ泣くだけで、受け入れることすら出来なくて。

全てはこうして1話の流れに収束していくと。
なるほど、と感じさせられた11話でした。
琢磨君の目が見えた、と言うのは一つの可能性であったと。
母親の死を受け入れ、全てを受け入れられるかどうかと言う。
はやみさんの暴力的場面は、あれは・・・・
全てを知って受け入れようという例えだったのかもしれないですね・・・

かつて村を貶め、そしてその罪を贖おうとし、
今は琢磨君の無念を受け入れようという。

その激情をすべてぶつけきって、その先に何があるというのでしょうか。
無くなってしまったものは、もう帰ってこないというのに。
受け入れると言うことは、前へ進むということ。
それを閉ざしてしまった彼には・・・もう道を照らす明りはなく・・・
その視界はただ、閉ざされるしかなくて

そうして・・・彼は壊れてしまったと。
唯一救いがあったとしたら、ほたるさんのビンタでしょうか。
殻に閉じこもり、そうして全てから逃げるのか。
幸せになれない人間なんていない、
はやみさんも琢磨君も共に幸せになって欲しい!
かつてその名を奪われ、そして彼らの助けにより
本当の自分を取り戻し幸せを得た彼女だから出来た事。

けれど、これははやみさんの物語で。
彼女にそれが注がれる事は・・・・なく。

つらつらと書き連ねましたが、そういう印象でしたね・・・。

12話(最終回)「H2O」

主観的あらすじ

彼は神に尋ねた。
神よ。私のうれしかった時。楽しかった時。
その全ての時に、あなたは私と一緒にいてくれました。
それなのに、私が一番側にいてほしい時に、
何故、あなたは私を見捨てたのですか?
 
その問いに対する、神の答えとは・・・。

物語の印象点

・Cパートがなければ、あるいは。

またオチへの流れが異なっていればものすごく
綺麗にまとまった回だったと思います。
そこを除けば、やはり良い最終回でしたね。

身体を張り、「おかあさん」を守ろうとした琢磨君。
その時、彼を動かしていたものは・・・
かつての記憶、そのものでした。
はやみさんを、ではなくお母さんをと言う彼。

それゆえに失ったモノも・・・ありました。
終盤での独白。

神よ。私のうれしかった時。楽しかった時。
その全ての時に、あなたは私と一緒にいてくれました。
それなのに、私が一番側にいてほしい時に、
何故、あなたは私を見捨てたのですか?

それは、貴方がはやみさんを見捨てたからとも
言えるのではないかと感じましたね・・・。
結局のところ、最後の最後まで何も出来なかった彼。
H2Oのアニメは、つまるところはやみさんとほたるさんの
物語だったのだなと思わせてくれましたしね・・・。

はやみさんを守った代わりに、今の記憶を失った彼。
その彼を甲斐甲斐しく世話するはやみさん。
少なくとも、彼は今自分を必要としてくれている。
そして・・・・傷つけあうことも多かったけれど、
ほたるさんと、本当の意味で親友とも言える関係を築けた。

それだけで、充分だった・・・だから・・・

後は彼に、本当の記憶を取り戻して欲しかった。
あの時、お母さんが貴方の手を離したのは
全てに疲れたからで無く・・・
ただ目の前の、小さな子供の命を救おうとした。
それだけのことだったと。
今度ははやみさんが、その身を挺して。

好きという言葉では軽すぎる
愛してると言う言葉では曖昧すぎる

だから弘瀬・・世界をありがとう。
この場面、グッと来ましたね・・。

・ゆいさんの髪型が面白すぎでした

ツインテならぬ、ダブルツインテとは面白すぎですゆいさん。
さすがはマジカルファーマー。
農作に命を賭ける女は違いますね(*^-^)♪
というところも面白でしたが、後日談・・・
なんだかんだでほたるさんにやり込められている
彼女も相変わらずで面白すぎでした。

PS2版の専用シナリオ、見たくなりましたし
これはコンシューマ版は是非とも買わなくては(*^-^)♪

良作ですが、名作とまでは行かなかった感じですけれど
丁寧に最後までまとまっていたと思います。
スタッフの皆様、お疲れ様でした・・・。
スポンサーサイト

Re comments.

Comment form.

  管理者にだけ表示を許可する 
  注意 名前、タイトル、本文を入力する事で投稿可能になります。

Trackbacks.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。